デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年11月03日

11/2-3 静岡の清水・伊豆出張報告

静岡鉄道と伊豆急のサウンドや車両の撮影に出張しましたので報告させていただきます。

まずは、夜明け前から弊社のDemioで日本平動物園に向かいました。水や泥を人間にかけてくる象や、ドラゴンボールとのタイアップ?などで、ちょっと変わった動物園でした。

201911trip_1.jpg

特に大きな展示動物は、ホモサピエンスという動物ですね。地球を破壊したり、巨大な力で何でも吹っ飛ばすこともできる、とんでもない動物が展示されていました。中の動物は、数分ごとにコロコロ変わってました。年齢層も老若男女問わずでしたね・・・。

201911trip_5.jpg

そのあと、若手社員達は、エスパルスドリームプラザ(エスパラ?)のちびまる子ちゃんランドに行きたいというのでエスパルスプラザに移動しました。

201911trip_4.jpg

201911trip_6.jpg

私は、ちびまる子ちゃんに興味はないので、今回の出張の目的地である新清水駅に向かいました。

201911trip_2.jpg

静岡鉄道のA3000系をたっぷり堪能!ちびまる子ちゃん列車も偶然乗りました。サウンドは収録しましたが、版権の関係で全く使い物にならず・・・。

201911trip_3.jpg

次の日11/3は、伊豆アニマルキングダム(民間の動物園)に行きました。ホワイトタイガーの餌やりに30分並んだりしました。まあ、民間の動物園はマネタイズ全開ですよね、というのはよくわかります。マネタイズ自体は全く悪いことではないですが・・・。でも、こうして資金をキッチリ得ないと、貴重なホワイトタイガーを増やしていく活動はできませんからね。ホワイトタイガーを見習ってDCCの活動の参考にしたいと思います。

201911trip_12.jpg

手術室や、保育器などをさりげなく展示してましたが、個人的にはかなり衝撃的です。ほかの動物園でここまで見せるところはありませんでした。動物の骨も、あちこちで普通に置いてあり、触れるようになってます。他では見たことがないですが、何かを訴えたいというコンセプトが何かあるのかもしれません。
動物園は今、動物を見せる場所から、動物達の種の保存という課題・テーマへの挑戦の場所に移行しているという事を感じます。

動物園をいろいろ見る中で、この動物園ではホワイトタイガーの展示に特殊性が見えました。それは動物園の裏側のリアル感を感じさせるものでした。たぶん、今後は伊豆アニマルキングダムはホワイトタイガーを徹底的に強くしていくのだなということはよく見えました。それは大いに有りで、それが大きな差別化アイテムだと思います。

201911trip_13.jpg

201911trip_14.jpg

動物園はおまけでして、今回の出張2日目のメインは、伊豆高原駅での車両の写真撮影と、サウンドの収録です。伊豆急のサウンドは、少し集めておきたかったので、今回は非常に重要な収集の機会でした。ただし、時間の猶予がなかったので、再収録は必須な状況です・・・。

伊豆急100系と185系踊り子に関連するサウンド(車内・駅アナウンスなどなど)は、徹底的に収録しないといけない状況です。185系は、既にリリースしているオープンサウンドデータの113/115系サウンドが流用できますし、伊豆急100系サウンドも近いうちに公開予定になっております。

201911trip_9.jpg

201911trip_8.jpg

201911trip_10.jpg

201911trip_7.jpg

最後は、某所の干物屋で、大量に干物を買ったり発送依頼して、今回の出張は完了しました。

201911trip_11.jpg

干物屋の後に、サイン会を回避する冷や冷やな出来事がありましたが・・・。
posted by yaasan at 22:00 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
この干物や地元の方に聞いて行ったことがありますが、オススメですよね。

国道沿いではなく、ちょっと入ったところなので、分かりにくいですが。。。
Posted by nucky at 2019年11月05日 21:03
そうなんです!
アジへのこだわりが半端ない(相模湾のシーズンのアジしか使わない!)、干物は完全に乾かさない半生にするとか、塩加減は絶妙(客の応対中でも塩加減優先)、と、そこらへんの干物屋とは一線を画する店です。
伊豆に行くときは必ず帰りに買うリピーターになってしまいました。
Posted by Yaasan at 2019年11月05日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。