2019年12月08日

鉄道模型のDCC搭載関連製品の紹介

鉄道模型から音を出したり、ライト制御したりしたいですよね。
オープンサウンドデータの活動で、本格的な日本型サウンドが自由に使えると言うことで、かなりツイッター等でも盛り上がりが出てきています。DCCにチャレンジする方が、相当に増えてきているのは、見れば明らかでしょう。

さて、これからDCCやサウンド、ライト等々やってみようか、と思ったとき、どうすればいいか搭載したい車両別に、まとめました。

なお、コントローラや全般な内容は、当社wikiの入門ページにいろいろ書いておりますので参照ください。

■Nゲージ

・KATO
・TOMIX
・GREENMAX
・マイクロエース

TRAINOさんが開発・製造している、ExpBoard EC-Slimを使用してください。デコーダは、Next18に対応したものを使用してください。入手方法はページに記載されていますが、DesktopStationShopか、Nagoden頒布のどちらかで購入できます。

デコーダは動作確認用でlaisdcc Next18デコーダかNagodenのスマイルデコーダN18、サウンドを楽しむならLokSound5 microか、開発中(2019年12月現在)のNagoden MP3デコーダN18になります。ヨーロッパ(ZIMO, Lenz, Uhlenbrock等)を中心に、Next18デコーダは他にもありますので、お好みに合わせて購入されると良いと思います。

2019-10-23_21.10.35_mini.jpg

■HOゲージ

・KATO

ExpBoard Next18 for KATO HOExpBoard NEM652 for KATO HOを使用してください。ほとんどのKATO HOのモータ車両の構造が類似しているため、置換えボードによって配線作業が省略できます。

・TOMIX、ブラスメーカー(でんてつ工房、エンドウ、カツミ)

MTC21の引き出し基板(LaisdccやESUのもの)や、ExpBoard Next18 for General HOを使用します。MTC21については、あまり私は使用していないので、細かな説明は省略させて頂きます。また、MTC21ではなく競合規格であるPluX22を使用される方もいらっしゃいます。この辺は好みになります。

ブラス車両への搭載は、ハードルは高いというのが個人的な印象です。オープンサウンドデータでいくつかブラスへの搭載記事も紹介していますので、それを見ながら各個人の判断で、ご対応ください。
posted by yaasan at 10:26 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。