2019年12月08日

ライトユニット基板を作る

先日、模型屋さんに組立ててもらったホビダス阪急8000系のライトユニットが売ってなかったので買ってませんでした。在庫も無いようですし、価格も1万円近くなので、自分で作る事にしました。

LightUnit8000_2.jpg

LightUnit8000_1.png

基板風なガーバー表示。作った後に思いましたが、側灯用の端子があれば面白いですよね。

LightUnit8000_3.png

LightUnit8000_4.png

配線方法は以下の通り。

・C+は、デコーダのCOM+
・HDはF0f(Head)
・TLはF0r(Tail)
・RLはAUX1 (室内灯を想定)

D1,D5 赤LED(1608)
D2,D3,D4 白LED(1608)
R1,R2,R3,R4,R5 1608サイズ抵抗 5mAを光らす想定だと、線路電圧15V, LEDのVf=2Vとすると、(15-2)=R*0.005, R=13/0.005=13000/5=2600Ω。2.2kΩくらいか?もっと明るいのが欲しい人は、1k〜2.2kΩで選定すれば良いかなと。

ある程度、依頼予定基板がたまったら、Elecrowで実装依頼します。
posted by yaasan at 13:23 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。