2020年01月18日

オープンサウンドデータ キハ261 rev.3と外部MP3ファイル

オープンサウンドデータ キハ261のデータをアップデートしました。

また、今回から、駅アナウンスや車内アナウンスをDSair2のサウンド再生機能を組み合わせるための、MP3データの配布も始めました。

kiha261.jpg

■変更点

・アイドル→加速、加速→アイドルの音の改良
・F2を電子警笛に変更、短警笛をF3に移動
・AUX1をF1に連動
・加速シーケンス見直し(意味の無いフローがいくつかあった)
・減速シーケンスで、急減速排気ブレーキ音を80/255以上の速度に限定
・他

■外部サウンド

DSair2の特徴である、FlashAirカード内のMP3ファイルを再生する機能を活用できます。正直、デコーダの中にサウンドを入れることは正しいことなのか、悩むことが多いと思いませんか?
DSair2はスマホからFlashAir内のMP3ファイルを瞬時にダウンロードしていつでも再生する機能があります。キハ261の車内アナウンスや駅アナウンスを、ここでカバーしようということをチャレンジしたいと思います。

とりあえずビデオ。



まず、パソコンにFlashAirを差し込みます。

kiha261mp3_0.jpg

オープンサウンドデータのキハ261のページに置いてあるMP3ファイルのZIPをダウンロードし、解凍します。解凍したら、FlashAirカードの中にフォルダを作ります。

kiha261mp3_1.png

MP3ファイルを以下のようにコピーします。

kiha261mp3_2.png

コピーが終わったら、安全な取り外しをして、DSair2に差し戻します。Webアプリで起動したら、いつもの画面が出てくるはずです。その後、スピーカーのアイコンをタップします。

kiha261mp3_3.png

すると、先ほど作ったフォルダ"キハ261"が見えるはずです。これをタップします。

kiha261mp3_4.png

コピーしたMP3ファイルが表示されます。これをタップすると、再生が開始します。

kiha261mp3_5.png

このようにして、スマホから簡単に、いろいろな音を出すことができます。もちろん、Bluetoothスピーカーを用意すれば好きなところから音を出すことができます。

キハ261では、DSair2と組み合わせた、サウンド体験を提供したいと思います。
posted by yaasan at 20:03 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。