デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStationShopからどうぞ。

2020年01月24日

オープンサウンドデータ キハ261の走り出しが遅い件

オープンサウンドデータ キハ261において、停止からの走り出しが遅い件ですが、rev.1〜3のシーケンスの設定にバグがあったので、以下の通り修正をお願いします。当面、アップデート予定はありませんが、今後のアップデートの際には以下の修正項目はこちらで反映させます。

LokProgrammerでキハ261サウンドデータを開きます。Soundタブで、スロット1をダブルクリックして開きます。

kiha261_acc1.png

矢印のブロック(停止から加速するサウンドのシーケンス部分)をダブルクリックして開きます。

kiha261_acc2.png

真ん中のブロックをクリックして選択した後、左側の設定画面のスクロールバーを下の方に移動すると、drivelockというチェックボックスにチェックが入っているはずです。このチェックを外します。

kiha261_acc3.png

これで保存すれば作業は完了です。

停止から加速するガラガラ音を鳴らしているときに、停止状態でロックするように設定されていました。このブロックは約4秒のサウンドを鳴らすので、4秒間、ガラガラいっているのに走り出さないという症状になってました。

キハ261は加速が良いとのことなので、このチェックボックスを外せば、軽やかに発進していきます。
もともとこのサウンドデータは、DMH17Hをベースに作ったので、ガラガラいっても走り出さない昔のディーゼルエンジン音のようになってしまってました。

posted by yaasan at 06:26 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。