デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2020年02月08日

LokProgrammerの最近知ったこと

LokProgrammerやLokSoundで、最近いじって気になったこと、分かったことをちょっと備忘録的に書きます。

■ COM+とGNDにコンデンサを直付けすると、LokProgrammerからデータが書き込めない

ちらつきの防止のため、ExpBoardのところのCOM+とGNDにコンデンサを直付けしたんですが、見事にLokProgrammerからサウンドや設定データが書けなくなりました。外したら正常です。

説明書通り、直付けでは無く、トマランコンデンサを付けないといけないようです。トマランコンデンサは、Nagoden Shopで買えます。昔はウチでも売ってましたが(元々の開発はDesktopStationなんですが)、今は技術移管をしたため、取り扱いしてません。

LocSoundKeepAlive.png

■ ブロックにPrimaryLoadを設定している場合、Drive CharacteristicsのLoad Adjustment(負荷調整)によって加速率が変わる(悪くなる)

オープンサウンドデータのディーゼルサウンド系には、なぜかPrimaryLoadのロジック設定がされているので、キハ110やキハ261もそれに習っておりましたが、なぜか加速率が妙に遅く、なんでこうなるのか分かっていませんでした。
先日理由が分かり、Drive CharacteristicsのLoad Adjustmentの項目が2.0(負荷が2倍)になってるので、加速率が1/2に落とされていたことを知りました。

Drive CharacteristicsのLoad Adjustmentを1.0にすると、狙い通りに加速しました。これで、気持ちよくキハ261がぐんぐんと加速していきます。サウンドも、狙ったとおりに出るようになりました。
なお、負荷を1.0より小さくすると、負荷が軽くなるので、加速が良くなります。

LokSound_LoadAdjustment.png
posted by yaasan at 08:39 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。