2020年04月23日

DCCサウンドの作り方 その8

突然、ディーゼルの走行音の話になってややこしくなったので、小休憩します。

ここでは、発車ベルを切り出すノウハウについて説明していきたいと思います。これまた、かわけいさんの東急の発車ベルの音です。

5050_発車ベル_20200423.wav

まずは、適当に、start、loop、endという3つのラベルで発車ベルの中身を区切っていきます。

LokProgrammer_loop_1.png

ここから、ループ音(繰り返し流す音の範囲)を探索して、切り出していきます。

まず、波形をよーく見ると、似たような形が何度も繰り返しているのが見えると思います。つまり、似たような所の範囲をうまく決めてあげれば、同じ音を鳴らし続けることができるわけです。

LokProgrammer_loop_2.png

まず、startとloopの間を調べていきます。一番、音の振幅が小さくなるところを調べて、そこを拡大します。すると、以下のような部分が見つかりました。ここのゼロクロス部分をstartラベルとloopラベルの境目になるように位置をずらして調整します。○の部分をD&Dするとずらせます。

LokProgrammer_loop_3.png

同じように、loopとendのラベルの境目も探します。ちゃんと、先ほど決めたstartとloopの間の境目とキレイに繋がるように、波の上なのか下なのかをきちんと決めておいてください。ここでは、上側の振幅がゼロになる部分で切ります。

LokProgrammer_loop_4.png

音を鳴らして確認しましょう。loopの範囲を選択して、Shift+Spaceを押すと、ループ再生してくれます。

LokProgrammer_loop_5.png

狙ったとおりにできたら、複数ラベルの書き出しで、保存します。私は以下のようなファイルを書き出せました。

bell.zip
posted by yaasan at 21:07 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。