デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2020年05月20日

ExpBoard YPをでんてつ工房の東武8000系中期修繕に入れてみる その1

ExpBoard YPでんてつ工房の東武8000系中期修繕に入れてみることにしました。買ってから半年以上ほったらかしにしてました。申し訳ありません。

まずは分解して、そもそもExpBoard YPが入るのか?をチェックしないといけないです。エンドウの近鉄22000だけでなく、でんてつ工房のブラス車両も持ってたのに、全くチェックしていませんでした・・・。

まずは、車両に入るか。幅は問題無さそう。

ExpBoardYP_Dentetsu_1.jpg

中を開けてみた。前に開けたときの東武8000系(古い顔)と同じく、アクリルの室内灯です。

ExpBoardYP_Dentetsu_2.jpg

配線を切って、室内灯を取り出しました。ちょっと長さが足りない感じですね。

ExpBoardYP_Dentetsu_3.jpg

問題なく入りそうですが、固定する治具が無いので、どうにかしないといけません。薄いプラ板を挟むか、テープ貼るかでしょうか。現在量産中の基板だと、Φ2mmの穴が2カ所できるので、そこにスペーサを屋根側に貼り付けてネジ止めするのが良いかもですね。

ExpBoardYP_Dentetsu_4.jpg

と言うことで、量産基板が来るまで、作業はいったん中断することにします。以前にやったような配線地獄からは開放されるのは間違いないので、ExpBoard YPはでんてつ工房さんの車両にも好適かなと思います。

ExpBoard YPのユーザー数がそれなりに多ければ、長さを延長したバージョンも作りたいと思います。
posted by yaasan at 15:52 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。