デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2020年09月06日

DSbluebox用のケースを設計してみる(勉強)

もともと電機屋で、機械設計とかは全く経験無いので、3Dプリンタを購入したことをきっかけに、FreeCADで設計しては印刷を繰り返して、勉強をしています。

まずは、2つのパーツに分けて設計しました。

Blueboxcase_2.png

Blueboxcase_1.png

出力したものを組み立てました。

DSblueboxCase_ex_1.jpg

DSblueboxCase_ex_2.jpg

DSblueboxCase_ex_3.jpg

コネクタ周りは手抜き。

DSblueboxCase_ex_4.jpg

基板むき出しせずに使えます。

DSblueboxCase_ex_5.jpg

データは以下の通りです。
FreeCADのデータを置いておくので、ご自由にどうぞ。一切サポートも保証もありません。また、タクトスイッチの長さは、DSwatchのもので合わせこんでますので、ご注意ください。

DSbluebox_caseTop_r0b.FCStd
DSbluebox_case_r0c.FCStd


■出力時のパラメータ調整について

今回気づいたのですが、DSblueboxのような大きなサイズのケースを作るとき、糸引きすることが多発してしまいました。そこでパラメータを見直したところ、改善しました。

ノズル温度:210℃から205℃。
引き戻し: 5.0mm → 5.5mm

純正のフィラメントを使って、標準設定としても細かな微調整は必要なようです。
ということで、今後は純正フィラメントにこだわらずに、高機能なサードパーティーフィラメントを調整のうえで使う方がいいかもとは思ってます。
posted by yaasan at 09:38 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。