2020年10月11日

LokSound5 micro KATO?

2020年8月末にリリースされた、LokProgrammer 5.0.17に、謎の型式のLokSound5 microデコーダが追加されていました。

LokSound5microKATO_1.png

LokSound5 micro KATOという謎の製品です。

LokProgrammerで、LokSound5 micro KATOに変更してみると、アメリカ・オセアニア向けのLokSound5 micro DCCと同じ設定項目となっていました。メルクリン向けの対応モード(MM2,mfx,M4)は、入っていません。

LokSound5microKATO_2.png

LokSound5microKATO_3.png

いったい、この製品は何の目的で追加されたのか、全くわかりません。そもそも、KATOとはいったいどこの会社なのかも含めて、情報をじっくりと待ちたいと思います。

ただし、今までの様子を見る限り、日本向けではない可能性の方が高いと思われるので、あまり期待しない方が良いかもしれません。日本でDCCは、ご存じの通りの状況でありますし・・・。
posted by yaasan at 19:35 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。