2011年06月01日

DIYハンディ太陽電池に取っ手取り付け

今年の夏に向けて製作しているUSB電源出力機能付き可搬型太陽電池の工作ですが、取っ手を付けてより持ち運びしやすいようにしました。

IMG_2831.JPG

どのようになっているかというと、太陽電池の枠がアルミでかなり厚ぼったいので、ドリルで穴を開けてホームセンターで売っている樹脂の取っ手をつけています。この取っ手は200円弱で、付属の木ネジは長すぎて使えないのでM4×20mmのものを別途購入しました。取っ手は、木製のタンスや扉などに取り付けるようなのですが、重さ的には問題なさそうです。

IMG_2833.JPG

完成のように見えますが、実は5VのDC-DCコンバータ部に出力容量制限があります。現状だと、100円ショップのものを使っているので5V/500mAしか流せません。能力的には、2A程度は出せるはずですので、秋月で購入した5V/3A出力対応のDC-DCコンバータを取り付けるため、電子工作を行う予定です。また、DC-DCコンバータ基板には、iPhoneやiPadへの充電も想定し、USBのD+/-はプルアップ抵抗で処理します。
posted by yaasan at 07:56 | Comment(0) | 工作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。