デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2012年08月26日

中華オシロOWON SDS6062を注文

中華オシロのSDS6062を注文しました。価格はUS$380弱です。本日のレートで30826円でした。店はebayのsmtzoneです。OWONのオシロを最安値に近い価格で常に出しているようです。アマゾン(49200円)や秋月電子(54000円)で買うよりかなり安価に買えます。

もちろん、海外からの輸入なので損傷や初期不良時の対応がめんどくさいというのはあるわけですが、3年保証と書いてあるので大丈夫でしょう。送料も込みで見てくれるそうです。まぁ、壊れた時は国際電話しないとダメですが、もしものときは経験を積むという事でやってみます。

さて、なぜこの機種を選定したからというと、海外のレビューで比較的好評価である事、安価な事、売れ筋である事が挙げられます。同じ中華オシロのライバル機種としては、ATTEN ADS1102CAL(\30000)、RIGOL DS1052E、hantek dso5062b(\29800)が挙げられます。
これらのライバル機種のレビューを探してみていた訳です。ということで、お世話になったブログ・サイトは以下の通りです。

・ATTEN ADS1102CAL/CML
どうもレクロイのWaveAce 100xのODM元のようです。SDS6062との違いは、サンプリングレート(こちらは1GS/s)、帯域(100MHzなので良い)、画面のサイズと解像度、メモリサイズです。CMLの方はメモリが増やされているので、SDS6062との差は縮まるとはおもわれますが。

ATTENのデジタルオシロADS1102CALを買ってみた
AliExpressでATTEN ADS1102CALを購入した
オシロ ADS1102CALが無事到着
ATTEN ADS1102CAL
toriP's note ADS1102CAL到着
オシロスコープADS1102CALが届いた!
missing synopsis ADS1102CALを買ってみた

・RIGOL DS1052E
つくりには定評があるらしいRIGOLの中華オシロです。改造上等とのことで、ファームを書き換えて上位機種にできるという嘘のような話もあったりしますが詳細不明です。2010年頃登場の製品で、安定して使うには良い機種かと思います。

RIGOL DS1052Eを買ってみた
Rigol DS1052Eでの画面記録

・hantek dso5062b
秋葉原の販売店が今年の春に代理店になって容易に入手が可能になった中華オシロ。あんまり情報がないのが困るところだ。性能としては他社に負けていないが、カタログスペックだけでは見えない部分が重要だったりするわけで。

Hantek DSO-5062B 使ってみました。

購入した中華オシロですが、具体的に何に使うかというと、以下のような作業に用いる事を想定しています。

・工作の時の電圧波形の確認(マイコンのI/O、DCDCコンバータの出力電圧)
・半分趣味半分仕事の学習キットの開発用(原理的な部分を確認するのに、テスタだと細かい動きが見られないので)
・電気製品の修理(今のところ壊れた物は無いですが。そのうち。)

一番重要なのが絶縁です。当然ながら、商用電源とオシロを絶縁にしておくことは少なくともうちの会社では常識です。このオシロはプローブのGNDが各chや電源側と完全に絶縁されているとはとても思えないです。絶縁トランスを挟んで、安全度を高める工夫を今後はしていきます。
posted by yaasan at 06:58 | Comment(0) | 工作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。