デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2012年11月11日

DIYでコンピュータからメルクリンを制御するための準備

メルクリンの鉄道模型をMobileStation2(MS2)で、いじるのも良いのですが、やはりコンピュータで制御するほうが画面も広くてやりやすいです。
しかしながら、メルクリンやその他の互換メーカーから、コンピュータと直結するタイプで安価なものはまったく出る気配なし。

無いものは作ってしまえばいい、ということで、そのための準備をしてみることにします。ちなみに、コンピュータのソフトは自分で作ることになります。今回はハードに特化して必要部材やつなげ方を調べました。

CANUSBWiring.png

・marklin 60113 デジタル接続ボックス
スターターキットから流用。MS2と60113の間はCANで通信しているので、マイコンからプロトコルが分かれば制御できてしまう。

・接続ケーブル
60113の方はmini-DIN 10pin(b)です。PC-9801NOTEの映像出力やセガサターンのAV端子とは若干違う形状です。
もう片方はUSB/CAN変換器によります。D-Sub9ピンもしくはむき出しのどちらかとなるはずです。


・CAN/USB変換器
数万円から、中華の数千円、マイコンの評価キットを流用などいろいろあります。
業務用がほとんどなので、安いのを探すのには苦労するかもしれません。


ハードの構成で苦労するのは、60113とUSB-CANの配線ケーブルをどう調達するかという点になるかと思います。今ではなかなかミニDIN 10ピンタイプ(しかもbタイプ)は売っていない場合が多いとのことなので、がんばって探すしかなさそうです。
posted by yaasan at 07:38 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。