2013年05月19日

Automatic Contorl features available.

I add automatic control features to the Desktop Station.

Desktop Station has new features below.

- Teaching function.

You can teach easily a procedure to generate scripts which are written locomotives control.

- Script function.

It is possible to import and export as a CSV file, also run and edit them.







A movie which plays teaching and the other features:



Automatic control example:


--

自動運転機能を追加しました。特徴は以下のとおりです。

・ティーチング機能(通常通りの操作をスクリプトに起こす機能)
・自動運転用のスクリプト機能(編集およびインポート・エクスポート)

ティーチングを使うことで、より簡単に自動運転のスクリプトが作れます。できたスクリプトは、何度か動かして停車位置等をWAIT関数のパラメータ値(0.1秒単位)で微調整すれば、実用的なものになるかと思います。なお、機関車によって実速度が異なるので、まったく同じ設定で同一の製品(機関車)でなければスクリプトはあまり役に立たないのが欠点ではあります。また、線路を拡張すると当然ながら調整しなおしです。

よって、基本的に線路のレイアウトが固定で自動運転を楽しみたい方が主なターゲットになるのではと思います。
インターフェースはまだ確定しておらず、あくまでも仮の形にしています。複数のスクリプトを動かしたり、CS2のメモリ機能的に、どこかのボタンや処理と連動させるとか、遊び方はかなり広範囲になると思うので、まずは実績データ集めをしていきたいと思います。
posted by yaasan at 09:56 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。