2013年11月11日

Desktop Stationの通信処理不具合修正

DesktopStationの通信関連の致命的な不具合を修正した最新版を公開しました。Arduino Duemilanoveをお使いの方は、差し替えを強く推奨します。

海外から、操作で遅延が発生する不具合が寄せられており、1週間ほどその調査を行ってきました。
原因が、C#のシリアル通信ライブラリのコマンドの使い方であることにようやく気づき、受信処理を大幅に変更して解決させております。

C#のSerialPortは、Read,ReadLine,ReadExistingなどがありますが、ReadLineを従来は使っておりました。この関数が曲者で、複数行をまとめてシリアルで受信すると、最初の行だけを読んだら後は捨ててしまうという仕様でした。ということで、受信すべきデータが受信されず、遅延や応答なしなどの不具合を誘発していました。

今回は、対策として複数行をチェックする機能を追加しているので、ほぼ問題は解決されたと認識しております。

ご利用の方には、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
posted by yaasan at 08:12 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。