デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2014年06月09日

Desktop Station main試作機

DCC/MM2シールド(Gateway)の次の機種である、「Desktop Station main」を開発中です。
2014/5/25に注文した基板が、Elecrowから到着したので、早速組み立てて動作チェックをしました。

DSmain_03.jpg

組み立てているときに、早速ミスをいくつか発見しました。

・RUNとERRのLEDのシルク印刷を逆にした
・モータドライバICのパスコンと電解コンが近すぎて接触気味(ギリギリ実装は可能)
・SPIのダンピング抵抗がうまく動かなく、ICSPのArduino側とDCC/MM2側マイコンの書き込み線が共用できない
・LCDコネクタの位置が少々下すぎ
・DCコネクタの穴が大きすぎ
・レギュレータが予想以上に熱くなるので、ヒートシンク代わりにGNDベタの金属パッドを配置しないとまずそう。
・レギュレータの過熱が致命的な場合はDCDCの同形状・置き換え製品に置き換えできるように、周辺の配置を見直す必要あり。

なお、ElecrowはFusionPCBよりも品質が悪いようで、シルク印刷の失敗(かすれ、汚損)がいくつかありました。FusionPCBの方がシルクは良いですね・・・。

とりあえず、Arduino nano(SainSmartの互換品)で正常に動くことを確認できました。

この基板は、S88も全て統合している事と、Arduinoに頼っていたレギュレータの耐圧を上げているので、より信頼性を上げていることが特徴です。また、アクリルケースでカバーできるようにしたので、使い勝手も高まっております。

一次試作機は、使う分は問題ありませんが、私として有償頒布するには完成度が低いので、評価専用で協力いただける方に貸し出しをしてまいります。ちなみにドイツのDesktop Stationユーザーに評価を依頼する方向でも話を進めていたりします。


EMSの追跡:

DS_main04.png

届いたときの状態:
DSmain_01.jpg

基板:
DSmain_02.jpg

基板のスキャン画像:
DSmain_05.jpg
posted by yaasan at 07:51 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。