2018年02月19日

とあるものを開発中

FlashAirのファームウェア失敗トラブルと平行して、とあるものを開発してます。

ArduinoUNOの形をしていて、ArduinoUNOのケースが流用できるが、ArduinoUNOとは微妙に違う、そんなものです。

DSair_AW_R1.png

なにやらSDカードが差し込めて、DCCパケット生成回路が積まれているように見えます。試作は3月中に行って、今後どうするかはT芝さんの今後の反応を見ながらのんびり考えます。

----------------------------------

FlashAirのポテンシャルは相当高いことが、W-03やW-04を最近いじりまくって分かってます。もうちょっとソフトを実装すれば、かなりのことが出来ます。

ソフト面での懸念事項はストレージの部分で、FlashAir自体はGB単位のデータを格納できますが、ここに書き込むためにはある程度制約条件を持たせないと行けない。具体的には、データの書き込み中は、特定の条件のみにして、そのときは電源抜くな!とか。この条件、昔のゲーム機みたいなもので、この時代にはあんまり合いませんが、そうするしかありません。

Webも同時につなぐ前提なら、どっかのクラウドに突っ込んでおけば良いので問題ないでしょうが、Webと独立して動かすのが多い、鉄道模型向けにはちょっと合いませんね。

あと、FlashAirにほとんどの機能(部品コスト面でも・・・)を牛耳られることになるので、開発者向けサポートが相当しっかりしないといけないです。今は、個人が家で遊ぶ向けになってますが、ビジネスやハードウェアスタートアップに使わせたいなら、こんなサポートではまだまだ不足で、ダイレクトにエンジニアと話ができるような場を用意して、解決していかないとどうにもなりません。あと、10個、20個単位で安価にFlashAirを買えないといけないです。毎回ヨドバシで調達なんかしてたら破産してしまいます。

サポートについても、基本はトラブルがあったときに対応していただく形ですが、動きがおかしいくらいならどうにかなりますが、こういう複雑部品が壊れるとかは致命的で、これを全部、私一人が金銭・技術対策をしないといけないのは、ハッキリ言って無理です。技術はどうにかなりますが、一番の問題は潤沢に6000円もするFlashAirをガンガン壊して捨てるだけの金が、DCC鉄道模型では稼げないところでしょうか・・・。

なので、T芝さんの様子をまずは見ようと思っています。
posted by yaasan at 08:13 | Comment(0) | 鉄道模型

2018年02月18日

DSシールド 品切れ中

DSシールドですが、品切れ中になっています。

中国は春節中で、これから製造手配を掛けますが、かなりの時間が掛かることが予想されます。

なお、注文予約は随時受け付けます。
posted by yaasan at 21:49 | Comment(0) | 鉄道模型

2018年02月17日

FlashAirアプリの開発を休止します その3

FlashAirのW-04を買って、古いバージョンの4.00.00だったのでアップデートツールで4.00.02にアップデートしたら書き込み終わった直後にツールがフリーズしてカードが壊れた件の続きです。

FlashAirアプリの開発を休止します その1
FlashAirアプリの開発を休止します その2

抜かないでほったらかしにして壊れずに済んだW-04(国内正規品)で、FlashAirアプリを試しました。W-03とは比べものにならないくらいページの読み込みがサクサクで、これは非常に強力です。

以下、FlashAir W-04で最新版のアプリを動かした例です。

FlashairW04_app2.PNG

FlashairW04_app1.PNG

最初から4.00.02のファームウェアで海外版も国内版も出荷してくれれば・・・。たかだかファームウェアのアップデートでユーザーの懐直撃の致命的なトラブルなんて、真の実力も出さずに引退する不運なスポーツ選手のような感じです。

□追記

FlashAir非公式wikiのGPS_NMEA_JP様から、かなり重要なヒントを頂きました。


GPS_NMEA_JP様コメント:
私が調べていた限り、アップデートツールは特に特殊なことはしておらず、ファイルの削除とコピーくらいだった思います。
Windows側が壊れている可能性と、SDカードリーダーが壊れかけている可能性が考えられます。
(W-04は消費電力が大きいので、SDカードリーダー側の設計が悪いと双方不安定になることがあります。)
とりあえずは、Windowsのシステムファイルの破損チェックをお勧めします。



SDカードリーダは、富士通LIFEBOOK WU2/B1に内蔵のもので、しかも1月に故障で新品交換しているので、1ヶ月で壊れるとは思えません。

FlashAir_w04jp_5.jpg

Windowsシステムについても、CHKDSKをかけましたが以下の通りです。


C:\WINDOWS\system32>chkdsk c:
ファイル システムの種類は NTFS です。

警告: /F パラメーターが指定されていません
CHKDSK を読み取り専用モードで実行します。

ステージ 1: 基本のファイル システム構造を検査しています ...
429824 個のファイル レコードが処理されました。
ファイルの検査を完了しました。
5452 個の大きなファイル レコードが処理されました。
0 個の問題のあるファイル レコードが処理されました。

ステージ 2: ファイル名リンケージを検査しています ...
511 個の再解析レコードが処理されました。
521210 個のインデックス エントリが処理されました。
インデックスの検査を完了しました。
0 個のインデックスなしファイルがスキャンされました。
0 個のインデックスのないファイルが lost and found に回復されました。
511 個の再解析レコードが処理されました。

ステージ 3: セキュリティ記述子を検査しています ...
セキュリティ記述子の検査を完了しました。
45694 個のデータ ファイルが処理されました。
CHKDSK は Usn ジャーナルを確認しています...
34698592 バイトの USN が処理されました。
Usn ジャーナルの確認を完了しました。

Windows でファイル システムのスキャンが終了しました。
問題は見つかりませんでした。これ以上の操作は必要ありません。

245726207 KB : 全ディスク領域
73993816 KB : 244169 個のファイル
154316 KB : 45695 個のインデックス
0 KB : 不良セクター
541195 KB : システムで使用中
65536 KB : ログ ファイルが使用
171036880 KB : 使用可能領域

4096 バイト : アロケーション ユニット サイズ
61431551 個 : 全アロケーション ユニット
42759220 個 : 利用可能アロケーション ユニット


・・・となると、「W-04は消費電力が大きい」という点に注目すべきなのかもしれません。ファームウェアアップデートが意外に電流を食っていて、電流をSDカードカードの規格ギリギリに消費するとか、なおかつ、富士通の内蔵SDカードスロットの電源設計がマージンをケチっていたとしたら・・・、書き込み失敗や、書き込みリトライが多発して、アップデート時間が大幅に掛かる(ので、フリーズしたように見える)とかが想像できます。

そして、1時間くらいほったらかすと、良い感じにアップデートが終わっていると。このストーリーだと今までの現象はスムーズに説明がつきます。

FlashAirに電解コンデンサは、もはや必須条件と考えてますが、普通のSDカードカードスロットの基板に電解コンデンサなんか付いているもんなんでしょうか。3.3V電源が強ければ問題ないですが、SDカード周りの設計をやったことがないもので、業界としてのさじ加減が分かりません。

どちらにしても、このPCでFlashAir W-04のファームウェアアップデートはやめておいた方が良いのは間違いなさそうです。FlashAir W-04のファームウェアアップデートは、電源が強いSDカードスロットで!(そんなのどうやって見分ければ良いんだろう・・・)

なお、Macでは正常にFlashAir W-04のアップデートはできているとのことです。Macをお持ちの方は、なるべくMacでアップデートをお願いします。
posted by yaasan at 18:57 | Comment(3) | 鉄道模型

FlashAirアプリの開発を休止します その2

FlashAir W-04がファームウェアアップデートで壊れる問題について、早く確認したく、国内正規品を近所のコジマで買ってきました。

結論としては、国内正規品でも、全く同じ症状となりました。皆様からも情報が寄せられていますが、2名の中2名、正常にW-04のアップデートができているそうです。

状況からすると、富士通WU2/B1(ノートPC)のハード起因、または内部のバックグラウンドのソフトがアップデートツールとの相性で悪さをしている可能性がありそうです。私の環境特有で発生する問題の可能性が高くなってきました。かなりのレアケースかもしれません。

その割には、W-03では正常にアップデートできたので、W-04のアップデータとW-03のアップデータで、何か違いがあるということが原因箇所なのかもしれません。

明日以降、追加のFlashAirが2枚届き次第、今度は違うPCでどうなるか試します。VAIO PRO 13(Windows10)と、自作PC(Windows7)です。

□追記

アップデートツールがフリーズして壊れるというのが原因と思っておりましたが、今回はちょっとフリーズ後にすぐ抜かずに、1時間ほどほったらかしにしてみました。

すると、FlashAir W-04国内正規品は壊れませんでした!また、4.00.02へのアップデートが完了しておりました。フリーズしても1時間ほったらかしにすれば、壊れないなんて、非常に納得できませんが。

ただし、ソフトウェア更新ツールが書き込み完了直後にフリーズした後は酷いもので、PCは激重で、シャットダウンは出来ない、安全な取り外しもできないなど、めちゃくちゃな状況です。

結局、輸入版2枚の8000円の損失で私は済みましたが、こんな状況では、皆さんにFlashAirを楽しんでいただけるとはとうてい思えません。そもそも、4.00.01以降へアップデート済FlashAirを売ってくれればこんなことにならないわけで、T芝さんの罪は非常に重いと思います。

明日、PCを変えて、2枚のアップデートのチェックをしますが、今後どうするか悩んでます。この状況下ではW-04を安心してアップデートして使えないので、パワーユーザーに限定するか、動作チェック済みを売るか等にならざるを得ません。T芝さんのスタンスで、今後の方向が決まるのは間違いなさそうです。

こういうことになると、一個人が、T芝さんと話を付けるのは、なかなか難しいですね。昼間の会社だったら、トラブルがあったら部品メーカーとすぐに話をして一緒に原因究明するんですが。もう、何度もいろんな会社とやってます。これは、数千万円とかの商取引をしているから当たり前ではありますが・・・。

DesktopStationは、超小規模なので、まともに部品メーカーに相手すらしてもらえないので、本当に不自由で辛いところです。法人化しても規模が無ければ、対等に話をして、より良い状況に持って行くことは難しいのです。

もし、たとえばFlashAirベースのコマンドステーションDSair(仮称)が1000台売れる規模なら、たぶん、とりあえず話は聞いてもらえるような気がします。この規模感は必須と思ってます。なお、DSmain, DSblueboxともに発売から累計で100台に未だに達しておりません・・・。
posted by yaasan at 13:35 | Comment(3) | 鉄道模型

海外料金改定(国際eパケットを追加)

非常に割高だった、海外発送の費用で、朗報です。

先日より、国際eパケットを使えるようにしました。SALよりも早く、EMSより遅いというサービスです。SALが一ヶ月、EMSが1週間なので、おおよそ2週間くらい、というイメージです。

国際eパケットを選択された場合の発送費用は1000円一律です。なお、EMSは欧州でおおよそ2500円ですので、実際の価格に変更させていただきました。全世界、共通の価格となります。
posted by yaasan at 11:46 | Comment(0) | 鉄道模型