2017年07月17日

DCCデコーダへの自動停止器(オートブレーキユニット)の検討

自動運転をよりスムーズに行う仕組みとして、信号が赤の時には強制的に停止させる仕組みが必要です。
ただしDCCデコーダには、それを伝えるすべが無いので、途中にデコーダを強制的に停止してほしいという通知を行う必要があります。

この検討は過去、何度もやっていて、以下の記事を挙げています。

信号機での自動停止の方法の検討
アシンメトリックDCCへの対応(デコーダ側)

とりあえず、アシンメトリDCCと強制半波整流回路の2種類を実現する回路を作ってみようと思います。




posted by yaasan at 14:52 | Comment(4) | 鉄道模型

2017年07月16日

Tomix 自動運転システム 5701 TNOSの解析(ネット情報ベース)

TomixがTNOS新制御システムの情報をリリースしていることに、今頃気づきました(汗)

「鉄道模型運転をトミックスが変える。」というコンセプトのようですが、・・・。今まで何もしなかったのはどなたでしょうか。競合のK社さんは、古くから多大なる投資をしていろいろな努力をしてたのはよく存じていますが。

DesktopStationのこの数年の目標は「日本の鉄道模型運転をグローバルスタンダードに上げる」です。日本の中で閉じこもってシステムを作る時代は当の昔に終わりました。全世界共通のプラットフォーム、スタンダードでシステムを構築すべきです。

さて話をTNOSに戻すと、このシステムは、あらかじめセンサーのパターンと車両の動きを決めて置き、それ通りに動かすためのシステムです。4列車自動運転などができますが、車両に電源供給をする必要が無いので(室内灯の電源くらいは普通にできると思いますが)、非常にシンプルです。

シナリオは予め設定してあり、後から追加できるという説明があります。特許では、PCからシナリオをダウンロードできるような仕組みとなっているので、たぶん、ユーザーが自由に配線をしたいということになるのでツールをリリースせざるを得ないと思いますが、シナリオの作成ツールを配布するのかとか、ダウンロードの手段は簡単なのかとか、いろいろと気になりますがその辺はよくわかりません。まだ、特許が公開されていないだけかもしれませんが(ここ最近の出願だと内容を知る術がない)

4区間用のデコーダ相当の機器を追加してシステムを広げられるという事ですが、メインシステムのシナリオ次第なところと推察されるので、このシナリオ依存の構成となると考えられます。当然ながら、フィーダ線、センサー線の嵐となって、固定レイアウト向けのシステムにならざるを得ないと思います。

DCCで同じようなことをする上で問題となるのが、閉塞運転時の強制停止です。アナログだと簡単で、車両のいる前の区間を電圧ゼロにすれば、簡単に停止区間にできます。DCCでは独立して別々に動くことが逆に仇となり、うまく制御できなくなります。

デコーダに強制停止命令を出す仕組みはDCCでオプションとして決められています。アシンメトリDCCです。メルクリンは、半波整流信号で実現できます。ただ、この仕組みはデコーダが対応していないとダメで、DCC電子工作連合のデコーダは残念ながら対応していません。なので、電源供給しながら強制停止ということができません。

よって、当社のシステムでは現状では介入運転時の強制停止などを実現できません。

DCC電子工作連合内で、この対策機器の開発について、緊急会合を行う予定です。デコーダが未対応であっても、技術的にはいくつか強制停止の手法があるので、あとは機器として誰が形としてまとめるか(売るか)、DCCの仕様に反しない形で閉塞区間の定義をどうするかなので、この辺は知見のあるメンバーで仕様を決めたいと思います。

予想の範囲内のシステムでよかったです。価格も、当社システムをベースにするならほぼ同じになって、機能や技術面では全く問題なく対応できます。強制停止機器については、後日サポートで行きますが、その機能は手動介入の時だけに必要となります。

より多くの皆様に、自動運転、サウンド&ギミックをするにはDCCの方がずっと安くて良い、と感じてもらえると確信しております。また、使い捨てにならずに、世界共通&オープンスタンダードでどんどん拡張できるのが、当社システムの強みです。
posted by yaasan at 20:16 | Comment(4) | 鉄道模型

2017年07月14日

ZXBMはお手上げ

ZXBMの情報をいろいろもらいましたが、集電不良とセットで破壊される現象は解決できずです。
多くの方にご協力をいただき、ありがとうございます。

ということで、最後の望みはLEDや電球向けには正常に動くかどうかです。セメント抵抗のような純抵抗成分、インダクタンスを含まない場合には壊れないかもしれないという推察もあります。サージなどが出ないのです。
ただ、そのほかが原因だとLEDでも壊れる可能性はあります。

実験していただける方には、継続してZXBM5210を無料支給いたします。

LEDや電球などで問題が無ければ、FL両極性デコーダ向け(ワンコインデコーダのCV変更で変わります)として無料頒布をしたいと思います。DesktopStationの商品をお買い上げの際に、ワンコインデコーダを買った個数分(自己申告願います)、ZXBM5210(1個100円相当)を無料支給します。

posted by yaasan at 08:08 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年07月13日

鉄道模型ジオラマ

明日、鉄道博物館の鉄道模型ジオラマがオープンするようです。ニュースの映像や写真からはDCCなのかアナログなのか?ですが、いろいろギミックが盛りだくさんみたいですね。

・時事 鉄道博物館、ジオラマ全面刷新=文化ギャラリー、高級レストランも新設
・ジョルダン 鉄道博物館のジオラマがリニューアル 14日から公開

前に行ったときはガラス張りで見えにくく、残念だったのでガラス張りも無くなって見やすくなって良いですね。最初は混雑すると思うので、落ち着いたらそのうち見に行こうと思います。
posted by yaasan at 08:21 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年07月12日

DSbluebox R4gファームウェア

DSbluebox R4gファームウェアを公開しました。



■変更点

・リトライ機能を追加。デフォルトは2回。最大5回まで設定できます。

■解説

従来のR4fまでは、エラーが出た場合、エラーが出たビットのみを1回だけ再読み込みして再判定を行っていました。今回のバージョンから、リトライ回数までエラーが出ていたらがんばって読み直します。この機能の追加によって、特にサウンドトラックス系のデコーダを搭載した車両に効果があります。家にある、ESUやZIMOなどはあんまり効果はありませんでした。

DSblueboxは、かなり大きめの電流センサを搭載しているので、他社製品がよく採用しているシャント抵抗による電流検出方式と比較して電流の分解能がそれほど良くありません。その代わりに、フィーダーコネクタを共通化できているという利点があります。

なお、裏技でサポート外ですが、秋月電子で売っているアレグロ(サンケン)の5Aの電流センサと機能互換・ピンコンパチなので、交換すると分解能が2倍に向上します(分解能が上がるから確実に効果があるかどうかは今までの実験からすると微妙です)。ただし、r4fから搭載されたしきい値機能で、しきい値を10から20弱程度に上げないとうまく読みだせないはずですのでご注意ください。

■在庫があと4つ

在庫があと4つになりました。一応、念のため、ケースの見積もりをして考えようと思ってます。ただ、50個作ると真っ赤になるので、どうしようかなあと悩み中です。
posted by yaasan at 07:36 | Comment(0) | 鉄道模型