2017年07月09日

DSmainR5.1用ファームウェアR4

DSmainR5.1 ファームウェアR4をリリースしました。

■変更内容

・通信エラーを304 Serial Errorとして出力できるようにした(従来は捨てていた)
・OC,OV,LVエラーの場合、エラーとなった値をラッチして表示し続けるようにした

■DesktopStation機器の業務利用について

wikiに、業務向けの注意点や当社のサポート方針をまとめましたのでご覧ください。

-------------------------

一般産業用の設計指針を導入しておりますが、当社として今後は業務向けシステムを販売する方針はありません。一般消費者向けとして機器を販売しているのみで、業務向けに流用した場合には自己責任で対応をお願いします。
posted by yaasan at 07:14 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年07月04日

FOMA難民

私もとうとう、FOMA難民になりそうです。

今使っているGalaxyNexus(FOMAスマホ, ただし電話専用)が調子が悪くフリーズしたり勝手に電話をかけたり、怪しい動きをしています。

今は私の個人携帯は、ドコモでFOMAプランのタイプSSバリュー978円(iモード契約なし)で運用しています。電話を新しいのに変える場合、LTE対応SIMフリーのスマホに変えて、SIMカードのサイズを手数料を払って変えようとしましたが、調べたところNGなことが判明しました。どうも、ドコモ様がFOMA契約のSIMカードをLTEのスマホで使えないようにロックを基地局側で掛けているようです。

ということで、もし、LTEスマホ(電話専用)に移行する場合には強制的にXi契約になり、最安となるのはカケホーダイライトプラン(1700円)しか選べません。私は、あんまり電話はしない方でメール、LINEやブログでのコミュニケーションが普通なので、損するのは目に見えています。

という事で、見事にFOMA難民となってしまいました。解決策としてはMVNOへの移行か、他のキャリアへの移行になりそうですが、社員全員を移行させることになるので、結構ややこしいことになりそうです。

各社、使い勝手や特徴が異なるのですぐに移行、というわけにもいきません。ちょっと困ったなあというのが実情です。
posted by yaasan at 08:02 | Comment(2) | 鉄道模型

2017年07月01日

DSwatchをシリアル対応に改造

大規模なレイアウトをお持ちのお客様で、うまくルートが切り替わらないという現象があるようで、コマンドステーションなのかデコーダなのか、はたまたPC側なのかよくわからない状況に陥ってます。

ということで、パケットを全部ロギングするためのツールを作成しました。
前に作ったWindows用のパケット解析ツール用ではなく、シリアルでそのままパケットの中身を解析して見やすい形にしています。

MrWatchSER.zip

■作り方

DSwatch基板をベースに使います。

(1) USBシリアル基板をLCD上あたりに張り付ける
(2) ピンヘッダをUSBシリアル基板に付ける
(3) GNDピンをDSwatchのGNDピンにジャンパする
(4) RXピンを、ATMEGA328Pの31ピンにジャンパする
(5) ホットボンドや接着剤などで、USBシリアル基板とDSwatch基板を強固に張り付ける

2本のジャンパを通すだけです。簡単です。

DSWatchSER.jpg

■注意点

DSwatchのDCCモニタ回路は非絶縁です。

1つのPCでロギング&DesktopStationSoftwareで制御する場合、GNDループが発生して電流が変な経路で回り込む可能性があります。PCを別にするか、USB絶縁機器(電源も絶縁できるタイプであること)を使いましょう。
よくわからない場合は、PCを別にすればとりあえず問題ありません。

■反省

最初からDSwatchに、シリアルのヘッダを付けておけばこんな改造もしないでサクッとシリアルでロギングができたはずです。考慮不足を反省しております。
posted by yaasan at 10:17 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年06月30日

DSonePackを計画中

「自動運転をしてみたいけど、何をそろえればいいかよくわからない!」というユーザー向けに、DSoneを中心としたパッケージ「DSonePack」を計画中です。在線検出器は、Nuckyさんとフジガヤさんのを選べるような形で考えています。

ケーブル類、ACアダプタも全部含めて、取り扱い説明書でも簡単な自動運転を行うまでの内容を記載予定です。
まずはキットで出して、要望が多ければ完成品も準備する感じを検討中です。

準備ができるまで、今しばらくお待ちください。
posted by yaasan at 07:42 | Comment(1) | 鉄道模型

2017年06月29日

トマランコンデンサ基板のページを開設

トマランコンデンサ基板について、まったく何もやっていなかったので、Wikiにページを開設しました。

TOMARUN_AW.png

基板頒布価格は、基板6枚に2012サイズ100Ω抵抗を付属して500円です。小さいのに何で高いんだと言われてしまいますが、小さくても大きくても、基板製造コストは変わらないのです。逆に丸くしているので、高くされても良いくらいです。

あまり在庫が無いので、在庫がなくなりましたら販売終了です。予めご了承ください。再生産は、次の基板量産時ですが、今のところ予定はありません・・・。

なお、ガーバーファイルもmbeファイルも著作権フリーで公開してますので、たくさんほしい人は自分でElecrowに発注すると、安くたくさん作れます。なお、自分で発注する場合には当然ながら一切サポートはしませんのでご了承ください。ちゃんと面付け指定しないとたくさん作ってくれませんので、用語や発注がよくわからない人は、ちゃんと勉強してから注文しないと損しますのでお気を付けください。
posted by yaasan at 20:42 | Comment(0) | 鉄道模型