2017年10月25日

ガンプラを置くスペースが無い

ジークジオン!

ガンプラを導入していくにあたり、置き場所や倉庫が無いので、鉄道模型を一部処分していこうと思ってます。

とりあえず、だいぶ前に買って、UNITRACKを使いだすようになってからほとんど遊んでいないBR05-002(marklin 37051)と、BR103(marklin 37577)、あとHOクモハ12もなんかデコーダを搭載するやる気も無くなったので未使用のまま売り払おうと思ってます。

どこに持っていけばいいのだろうか???ヤフオクが良いのかな?
posted by yaasan at 08:32 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年10月21日

laisdccのデコーダが届いたのでレビュー

市販品としては最安に属する12USDの車載モータデコーダ860021が中国から届きました。

AliexpressのLaisdcc公式販売ページ (NEM652版)

※10/21現在、売り切れになってます。チェコの人が200個も買い占めたようです・・・買いすぎでしょ。欧州を中心にみんなコンスタントに買っているので、結構人気のあるデコーダなのだと思います。

10/21 19時追記: このメーカーのデコーダには致命的な問題あり。使用を推奨しません。

laisdcc_decoder1.jpg

laisdcc_decoder2.jpg

■マニュアルなど

LaidDCCのサイト置いてあります。全部英語ですが、そんな難しいことは書いてないです。

■基板写真

当然、私の手元に来たという事は、熱収縮チューブを剥かれるのは当然であります。サイズは、幅12mm、実装時の厚み3mm、基板自体の厚みは0.8mmでした。基板の長さは18mmです(ケーブル含まず)Nゲージには辛そうですね。

laisdcc_decoder3.jpg

laisdcc_decoder4.jpg

■比較

ワンコインと比較すると、幅は2mm大きく(12vs10mm)、厚みでは3mm小さい(3vs5mm)です。PICマイコン以外は低背の表面実装部品を使っているのが、厚みで有利な理由になっているようです。

laisdcc_decoder5.jpg

laisdcc_decoder6.jpg

■部品

・CPU マイクロチップ PIC16F690-I/SS
・MOS-FET? Z420P-7509

■雑感

・Keep Aliveの配線には特にトマラン回路内蔵なし。普通のコンデンサを直で付けると、突入電流大きいですが、トマランコンデンサをつけてはいけません!!!理由は後述。

・DSblueboxでCV読み出しOK
・DSblueboxでFWD,REV回転OK

普通に動く、普通の車載用モータデコーダです。デジトラックスのDN136と同じ使い勝手かなと思います。耐久性チェックはしていませんが、基板を見る限り変なところはなさそうです。※Kanjiさんから指摘で、トラブル発生!このデコーダはコンデンサ装着時は特に使い方要注意です。

Z, N用のデコーダ860010も開発中のようです。

■トマランコンデンサを装着でトラブル(19時追記)

どうも、起動時のイニシャル対策のハード回路がショボいというか何もしていないようで、トマランコンデンサなどのゆっくり立ち上がる回路にしてしまうと、イニシャル状態が不定の時間が長くなり、あちらこちらに大電流が流れて暴走するようです。

証拠データも取りました。テストパターンは、DSmainR5.1の線路電源ON/OFFを繰り返すだけと言う超単純なものです。速度は一切いじってません。

最初の電源投入時:
LaisDCC_StartCurrent.png

いったん線路電源をOFFにしてすぐにON:
LaisDCC_ReStartCurrent.png

初期投入時はごく普通ですが、線路電源再投入時には最大電流7.8Aと、あり得ない電流が流れてます。私がいつも使う2AクラスのACアダプタは、こんな大電流は耐え切れないので、あっという間に出力OFFになってしまいます。

トマランコンデンサ自体ではこんなに電流が流れることは無いので、あくまでも想像ですが、デコーダ内部の電圧は多少残る状況のはずなので、マイコンが中途半端に動き続けるモードがあって、出力のMOS-FETのフルブリッジ回路の動作が不定になって、ショートするモードになってると思われます。

と言う事で、LaisDCCのDCCデコーダにコンデンサは装着してはいけません。コンデンサ未装着時は特に問題ないことは測定でも確認済みです。普通すぎるので波形は省略します。

12USDと安いですが、ご利用はEM13のようにコンデンサレスで動かしましょう。車両のフライホイールや、レール清掃、全車集電などの根本の対策でカバーがよろしいかと思います。
posted by yaasan at 11:24 | Comment(4) | 鉄道模型

DSシールドの回路案

DCC/MMシールドは在庫があと6個です。後継品として、DSシールドを企画中です。コンセプトは以下の通りです。

DSshield_AW_R1.png

■コンセプト

・キットで2000円、ソフトやスケッチは全て無償提供。高いと思う人は自分で作って頂く。
・基板のみ 300円、完成品販売なし
・DCC専用。モーターシールドとして使う事も出来る。
・MM専用のGatewayスケッチを作れば、MMもサポートできる。メルクリンデジタルのエンジンであるArdurailをベースに作ればOK。
・CV読み出し機能はサポートしない
・S88-Nを標準搭載
・電流max 3A、連続2A設計
posted by yaasan at 09:31 | Comment(2) | 鉄道模型

2017年10月20日

DCC/MMシールド 完成品の販売終了

DCC/MMシールドの完成品の販売を終了します。

DCC/MMシールドを選択する方については、自分ではんだ付けできない人は置いていくという意思表明です。ライオンは、子供を谷から突き落とすと言いますが、その気持ちであります。

「それは困る!!」と言う方は、DSmainをぜひともよろしくお願いします。

-------------------------------

DCC/MMシールドについてはメルクリン(Marklin Motorola 1/2)対応を廃止し、価格をもっと劇的に下げてRailstarsのDCCエンジンに変更して対応を考えてます。

DCCのみにすることで、マイコンを減らせるので回路を単純化できます。その代わりにUNO側のソフトはより複雑化するので、より上級者向けになりますが、DCC/MMシールドはこの形になるのが順当かなと思います。

名称も、ちょっと変えると思います。DSシールドかな。
posted by yaasan at 18:51 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年10月19日

日本型信号機をいじっている

日本国内で唯一の、完ぺきに制御できる鉄道模型用信号機であるNucky製の日本型信号機デコーダをいじっております。
で、今まで気づかなくてハマった点をここに紹介します。単に設定の問題なので、注意すれば何も問題ありません。

赤い会社のカメラで撮影。最近エラーがよく出るKISS X4から、次は80Dにする予定。

cheap_studio2.jpg

cheap_studio1.jpg

※いつもはやらない、三脚を持ち出してしまいました。Nardiさんに刺激を受けました。ごめんなさい。

■信号機基板の種類を変えたときは、CV1を設定変更しよう

CV1は、信号機基板(3灯式とか)を変えた場合は、設定を変えないと正常に動きません。私もうっかりやってしまいました。

■てこ条件(CV11,CV12)のデフォルトはアドレス1

信号機を一斉に強制的に赤にするアドレスを設定できるのですが、それがアドレス1になってます。
必ず、直進(STR)となるようなアドレスか、もしくは絶対に使わないアドレスに振っておくことをお勧めします。

結構アドレス1を使う人は多いと思うので、ポイントを動かしてたら、信号機の光り方がおかしいぞ!?となる場合は、たいてい、これが原因です。私は1時間も気づくのにかかりました・・・。

この機能は、単線を作るときに、進行方向に応じて切り替えるのに使えます。進行方向は、フラグを使えばよいです。ルートはフラグを元に信号機の制御ができます。

■動かしたビデオ

ポイントの動き:


DesktopStationSoftwareの操作状況も出したもの:


■信号機の設定

信号機1
CV1=21 (デフォルトは31)
CV13=131 (Adr.10)
CV14=250 (Adr.10)

信号機2
CV1=21 (デフォルトは31)
CV13=131 (Adr.11)
CV14=252 (Adr.11)

てこ条件はアドレス99に割り当てて起動時にDIV/に初期化するようにしました。

■ポイントアドレス

根本 アドレス2
真中 アドレス1

SignalTurnoutdemo5.png

■ルート設定

ルート機能で設定されたアドレスの信号機(以下でいうと、9,10,11)は、自動制御になります。手動で動かしても勝手に戻されますのでご注意ください。逆に言うと、ちゃんと条件を設定しておけば、勝手に信号機制御をやってくれるので楽です。

SignalTurnoutdemo1.png

SignalTurnoutdemo2.png

SignalTurnoutdemo3.png

■イベントスクリプト(起動時の初期化)

起動時に、ポイント等をわざと動かして調整しておかないと、表示と実際の状態にズレが生じます。それを防ぐ処理をイベントスクリプトで作り込むことができます。この機能だけでも意外と便利ですよ。

SignalTurnoutdemo4.png
posted by yaasan at 18:55 | Comment(1) | 鉄道模型