デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年07月03日

Blocklyを使って自動運転プログラムができないか? その11

Education Platformも一通り実装しましたが、何か足りないなあと思っておりました。

よーく考えたところ、「Scratchは変なネコをしゃべらせる機能があったな!」と思い出しました。

block7_3.png

しかし、弊社にはこんなゆるキャラ・・・いますが、全身のものがないのでどうしたものかと思ったところ、でーこちゃんがいることを思い出したので、早速作り込んでみました。

「でーこ」ブロックを追加しました。

block7_1.png

こんな感じで、へんなネコに負けない、ちゃんとおしゃべりをしてくれます。吹き出しをコミカルに動かして、アニメーションっぽくしようと思いましたが、難易度が上がるので今はこれで勘弁して下さい。

block7_2.png

実際に動かすとこんな感じです。吹き出しは2.5秒ほど表示したら自動で消えます。



こんなの、どうやって使うんだと思う方もいらっしゃると思いますが、printfデバッグやメッセージ表示、状況表示で意外と使えます。Scratchを見て最初、「こんなへんなネコ、何に使うんだ」と思ったのですが、いじってみたら、このネコいないとScratchは成り立たないなと感じるくらいです。

でーこちゃんの表示機能は、次のアップデートで反映されます。

■追記

吹き出しを動かすのは意外と簡単でした。



あと、ようやく、テキストの引き出しを活用できるようになりました。変数などを組み合わせて文章を作って、でーこちゃんにしゃべらせることができます。

block7_4.png
posted by yaasan at 21:19 | Comment(0) | 鉄道模型

TORM TC-002を買ってみた

先日、タムタムに行って、TORM. TC-002パワーパックを買ってみました。目的は、ピュアアナログアダプタが使えるかどうかです。

TORM_1.jpg

ACアダプタは12Vです。表記の日本語が怪しい。

TORM_3.jpg

ウチの実験環境。ちゃんとモータ負荷を使って測定してます。

TORM_2.jpg

実験結果は以下の通りです。

生パルス:
TORM_RAW(NOFILTER).png

ピュアアナログアダプタ通過後:
TORM_FILTERED.png

22〜23kHzあたりのPWMパルスです。特にKATOのパワーパックSXのような低周波の重畳は無いです。
ただ、フィルタを通した後に脈動があります。PWMパルス(生パルス)の立ち上がりが妙にゆっくりになっているので、これがフィルタ除去をうまくできない、悪さをしているような気がします。回路分析は何もしてませんが、MOS-FETのゲート抵抗が大きするのかも?

と言うことで結論から言うと、PWMパルス除去の効果は確実にあるけど、2kHzの謎の電圧脈動が残る、という結果でした。TORM TC-002をピュアなアナログにするには、ちょっと効果は薄いので、Tomixのパワーパック(N-1001-CL)のような絶大な効果は発揮できないということもあり、強く効果があることは謳えませんが、PWMパルスの影響は大幅に低減できますので、気になる方(コアレスとか使いたい人)はピュアアナログアダプタをぜひともご活用頂ければ幸いです。

-------------------------
おまけの分解写真。

TORM_4.jpg

TORM_5.jpg

5Vのマイコン入っているっぽい?ICEコネクタがあります。

TORM_6.jpg
posted by yaasan at 08:38 | Comment(0) | 鉄道模型

DSair2 Firmware r2m16

DSair2のファームウェアのr2m16をリリースしました。
Education Platformのみの機能追加です。

■ダウンロード

DSair2ファームウェアページ

■変更内容

・プリセットの音を出すブロックを追加(PCやスマホ等のブラウザが動く端末から音が出ます)
・S88センサを16個表示するように変更
posted by yaasan at 08:24 | Comment(0) | 鉄道模型

2019年07月02日

Blocklyを使って自動運転プログラムができないか? その10

MP3のファイルをブロックの中でファイル名をチェックしながら指定するのも大変なので、プリセットで代表的な音を用意しておくことにしてみました。今週中にアップデートをする予定です。

MP3のブロックに加えて、「音を出す」ブロックを追加しました。スマホやPCから音が出ますので、車両にサウンドが入っていなくても遊べます。補助的に使う事を想定しています。

block6_1.png

以下の音をプリセットで選んで使用できます。

block6_2.png

データは、自分で録音したものと、Salam様から提供頂いた音を使用しております。随時、使えそうな音を増やしていこうと思います。
posted by yaasan at 07:21 | Comment(0) | 鉄道模型

2019年07月01日

Blocklyを使って自動運転プログラムができないか? その9

Education Platformの紹介資料をサクッと書いてみました。

EducationIntro.png

https://desktopstation.net/bin/20190701_EducationPlatformIntro_rev0_jp.pdf

実はまだ全く書き終わって無く、キハ40の自動運転プログラムは近日中に書きたいと思います。と言っても、ブロックを組んでいくだけなので、デバッグさえ問題なければすぐに書き終えてしまうと思いますが・・・。

その他、ところどころ抜けてるので、書き足していきたいと思います。

そういえば、本家本元のScratchですが、3.0からGoogle Blocklyベース(+Node.js)になったらしいですね。昔は違う開発環境だったようです。Education PlatformもBlocklyベースなので、やはり、考えることはどこも一緒なのだなと思う次第です。

JavaScriptは、今後、どんどん伸びていくでしょうね。やはりブラウザとの相性が最強、実行もかなり速いというのが大きいです。WebAssemblyも本格普及の兆しですし、どんどんJavaScript実装になりそうです。

DSair2のアプリをHTML5+JavaScriptにこだわったのは本当に大正解だったと思います。これができたのも、FlashAir W-04があったからこそです。

--------------------------

■残りのTodo

・英語対応
・バグ取り
・サクッと使える短い音ブロックの追加(プルダウンで選べるようにする)
→警笛、踏切、ブザー、手笛、ドア開、ドア閉、ブレーキ解放、スキールくらい?
posted by yaasan at 22:01 | Comment(0) | 鉄道模型