2017年03月21日

研修所卒業

(注:模型の話はありません)
今日は副業をサボって、若手社員が通っていた研修所の卒業式に行ってきました。入社から無事にここまで成長したという事で、秘書ともども号泣してしまいました。

紆余曲折あり、研修所に入所したときは、会話がちゃんとできない状態で、研修所の仲間たちと溶け込むのに時間がかかっていたのを覚えています。今では、すっかり仲良くなって楽しい毎日を過ごしてきたようですが、あっという間で、出会いがあれば別れもあるということで、卒業式となりました。

graduate0321.jpg

卒業証書をもらった後に、一人ひとりが将来の夢を一言言っていた時に、若手社員は「特急の運転手になりたい」と言ってました。私は、同じくらいの時にはバキュームカーの運転手(今ではほとんど走ってないですね・・・)になりたいとか言っていたような気がします。何になるかは、私のように、いろいろ経験して学んでいって軌道修正もあるとは思いますが、今後が楽しみです。

来月からは、とても長いですがあっという間の学生生活になるということで、友人をたくさん作って勉強もポイントをつかんで学んでもらって、スキルアップしていってもらいたいと思います。

当社からの若手社員への卒業記念品は、KATO 10-1259 東京メトロ 有楽町線・副都心線 10000系 基本セットです。若手社員はNゲージが好きで、線路&ミント缶でいつもアナログ車両を遊んでいるので、贈呈いたしました。
posted by yaasan at 14:59 | Comment(1) | 日記

2017年03月14日

残業時間

副業は、毎月だいたい130〜140時間が基本の労働時間です(月によって変動あり、休日など)。まあ、私は本業のDesktop Stationの仕事があるので、そんなに働くほど暇は無いので、だいたい120時間くらいに有休を入れて調整してます。

実はこのブログ、海外の人も見ているので説明が必要なので背景を書きます。


日本では、残業が当たり前の社会になっています。時間内では終わらないような仕事を労働者は上司から与えられています。そして、その上司も、たくさんの仕事があります。オーバーワークは日本の働き方の象徴でもあります。
今回、日本政府は、一か月の残業時間規制を導入することを決めて、1か月に100時間未満と決めました。今までは、特に規制の時間は決められていませんでしたが、36時間という単位で業界で自主規制を設けていました。しかし、その自主規制は全く守られず、その時間を超えた場合には自主規制を守っていないことを隠すために会社は無償労働を労働者に強いてきていました。近年、過労死や自殺、少子化などで深刻な社会問題になり、政府として、明確な数字を決めました。


残業規制で100時間未満というのは、実は私は歓迎します。というのも、36協定がありますが、無かったことにされているのが実体で、会社に忠誠を誓う仲間達はサービス残業をずっと強いられてきてます。36時間以上働いても、労働時間として勤怠記録に付けないようにしているというのが実情です。働いているのだから、お金はきちんともらわないと、働き損です。また、無償労働ということは、それに乗じて大量の仕事を入れてきます。

※働いている時間と個々の業務処理能力とのバランスについては議論しません。本当はここが重要なのですが・・・。

まあ、地方の工場だともっとひどくて、部署の人件費予算が無いので月20時間以上付けるなとか言われて、でも仕事が終わらないので土日も出ているとかはよく聞きます。

完全に業務と労働管理のバランスが崩れて会社の運営が成り立っていないことを意味しています(本来は倒産しているべき)が、労働者のボランティア精神が強いため、崩壊をうまく隠して成り立っているのだと感じます。ゾンビ企業というべき状態ではないでしょうか。

ということで、ベースアップとか今の時期は春闘で盛り上がっていますが、本来はそこは重要ではありません。本当の労働時間、個々の能力と、給料のバランスはどんどん悪化していて、それが景気への影響にもつながっているので、そこにメスを入れないといけません。

そういう意味で、100時間を超えたら絶対に許さない、99時間までの給料はキッチリ払う、もし破るならその会社は潰してもいい、という意味を持たせるのであれば非常に強い労働者への力となると思います。

なお、同時に、会社に依存しない個人の業務能力・技術を高めることも忘れてはいけないと思います。
posted by yaasan at 08:44 | Comment(0) | 日記

2017年03月12日

デミオのフロアマットをまた買った

今日、うちの車の運転席に乗る際に足元のプラの部品(シートレールカバー)を一蹴りで壊してしまい、急遽、ディーラーに部品を注文しに行きました。そこで、お世話になった営業さんと会ったので、注文を待っている間、雑談しました。そのときに、なぜかうちの車と同じフロアマットを欲しいので買ってくれないかと頼まれ、ホットフィールドで全く同じフロアマットをまた買いました。

DEMIO_5.jpg

自分は、マット代をケチって社外品を買ったことは、前にここで書きました。純正マットは、どんなデザインかよく分かりませんが、(新型デミオdemio研究所に参考の写真はありますが・・・)、話を聞くに、駐車場に止めてあるうちの車の中を外からマジマジと何度も来て見たらしく、同じのがほしいと言い出して困ったそうです。

この時点で、いろいろとツッコミどころ満載ですが、お客さんの望みにがんばって近づけてくれるというマツダの営業精神であるとポジティブに解釈し、また、秘書をアッサリ説得させて個人的に満足度が非常に高いデミオという良い車に出会えたチャンスをくれた人でもあるので、頼み事を快諾して頼みました。次の一ヶ月点検のときに、一緒に持っていく予定です。

ちなみに、半月以上使ってますが、ホットフィールドのフロアマットは絶好調で、まったく問題なくフロアにピッタリついてます。ずれることも皆無で、デザインもオシャレなので、良いですね。これで1万円弱ですから、いい買い物でした。
posted by yaasan at 15:55 | Comment(0) | 日記

2017年03月05日

配達を減らすことにした

ネットで、今まではポチポチと頼みまくっていましたが、宅配業者が非常に危ない状況というので、特に送料無料みたいなところは、控えるようにしました。

アマゾンは基本的に頼まない、ヨドバシカメラは1万円以上を頼むときは使う、細かいものはちょっと高くても近所のお店を使う、秋月電子に頼むときは月1のみ、という自分ルールにしてます。

これに加えて宅配ボックス(簡易型)を置いて、そもそも再配達を防ぐことにも気を付けてます。さらに、再配達を頼むときは、遅くとも19時までにしてます。再配達を頼んで、不在のようなふざけたことはしないように細心の注意をしております。

あと、副業先に送り付けるという裏ワザも駆使しております。自分が出張や実験でいなくとも、誰かしら同じ部署の人が受け取ってくれるので、再配達など存在しないです。

こちらからの発送は、基本的に定形外の郵便で発送しております。どうしてもデカいもの、DSblueboxなどはレターパックプラスにしています。ポストに入らないサイズなので・・・。キット品だとギリギリ、郵便ポストには入ります。

当社にご依頼の商品は、ちゃんと受け取れる場所であれば全世界、どこでも送料を負担して頂ければお送りします。会社宛の場合には、差出元を会社名にするなど、臨機応変に対応いたします。

このままでは本当に大変なことになってしまうので、皆さんもぜひとも少しの工夫で、宅配業者の負担軽減をしていっていただきたいなと思います。便利ということは、誰かがサービスを提供しているという裏返しなのですから。まあ、一番の根源は、バラバラ発送・やたら大きい段ボールで、数が凄まじいアマ〇ンなんでしょうが・・・。
posted by yaasan at 18:03 | Comment(3) | 日記

今日の夕飯

今夜は、秘書と若手社員は都内のオフィスに一泊出張でいないので、一人で夜食を作ることになりました。
一人だけだと、どうしてもダラダラになってしまって、仕事がはかどりません。16時ですが、日曜なので1人ディナーにすることにしました。

ローストポーク(70℃で保温温度管理して昼に製造)と昨日、動物園の帰りの野菜直売で買ったサニーレタスとトマト、昨日の夜に仕込んだモツ煮風汁を、今夜の夕飯にしました。

dinner20170305.jpg

料理は、DCC機器を作る事に対して、材料とレシピが違うだけで同じです。模型も楽しいですが、ぜひとも料理も楽しいのでチャレンジして頂ければと思います。特に、肉系は温度プロファイルが難しいのでやりがいがあります。内部温度を70℃くらいでキープさせるのがポイントでしょうか。
posted by yaasan at 16:08 | Comment(0) | 日記