2017年10月13日

都市伝説: DCCデコーダと長時間連続運転

デコーダの長時間運転について、変な解釈などが出回っているので、電機屋としての見解を申し上げます。

■DCCデコーダの長時間運転はダメ?

なんでこんな変な話が出てくるのか、調べるといくつか解説しているページがあるからです。模型屋さんが、長時間運転はやめてください!なんて言っている例もあるためだと思います。

正解は、長時間運転がダメなのではなく、デコーダの発熱があるレベルを超えたらダメなのです。これを勘違いしないでください。

デコーダや車両が熱くならなければ、走り続けてOKです!何時間でも走り続けてください。まあ、その前に車輪やレールの清掃が必要になると思いますが・・・。

では、発熱のレベルは何℃なのかというと、プラの樹脂が溶け始める温度である60℃程度と考えるのが通常です。デコーダ自体の許容温度は、うちで使っている部品だと85℃あたりです。そこまで熱くなることはショートなどの問題発生時以外では通常あり得ません。よって、車両の方の温度制約条件が、ポイントになります。

実際の温度は、放射温度計が無ければぱっと見では全く分からないのと、技術的な知見に興味のないユーザーも多くいるので、分かりやすく時間で制約条件を言っているのだと推察されます。残念ながら間違った印象を与えているのが実情です。

■発熱する原因は?

DCCデコーダ、車両自体には、発熱する要素がいくつかあります。

・モータ自体(言わずもがな)
・LED、電球、室内灯(言わずもがな)
・モータ駆動回路 (モータが高速に回るときは電流が流れるので発熱しやすい)
・レギュレータ (ICチップを動かすための3.3や5Vを作るIC。電圧を落とす代わりに発熱するので熱い)
・ダイオードブリッジ (DCCの交流を直流に変換する。モータ駆動回路と同じ条件で発熱する)
・アンプ回路(サウンドデコーダだと大音量を出すと熱くなります)

モータ駆動回路やダイオードブリッジを発熱させないようにするには、モータを高速に回さないようにすること、停車時間を長くすることなどで対策出来ます。

レギュレータは、ACアダプタの電圧が高いと、発熱しやすくなります。D101やZ21だとACアダプタの電圧に寄らずに一定電圧を出すので、注意です(設定にもよりますが、よく使うものだとだいたい15V程度ですが)。

■対策は?

ユーザーが対策出来る事を実践すべきです。

@最高速度で長時間の無茶な走りをしない(そもそも最高速度で何十分も走って楽しいですか?)
A電圧を無暗に上げない。電圧降下を気にするなら、フィーダーや配線の太さ、長さを工夫する。
B車両に組み込むとき、冷やすように心がける。熱発散フィルムなどを使ってみる
C車両を軽くする、長い編成を作らない、動力車を分散させる(モータに流れる電流が減るので発熱が減ります)
DCVで最高速度を制限してしまう

--------------------------

変な情報に惑わされずに、楽しいDCCライフをお過ごしください。
DesktopStationでは、今後も、DCCの都市伝説を徹底解明してまいります。次回は、「アナログPWMをかけたらDCCデコーダは壊れるって本当?」です。
posted by yaasan at 08:10 | Comment(0) | 日記

2017年09月30日

デミオがパンク

秘書がデミオのタイヤがおかしいというので、確認したところ、タイヤが微妙に凹んでました。どうみてもパンクです・・・。よく見ると、釘のようなものがフロントタイヤにぶっ刺さってます。

Demio_Punk20170930.jpg

息子の病院添い寝で、ちょうど外出中だったので、整備士免許を持つ弊社会長に電話したところ、以下の手順をアドバイスされました。

(1)スペアタイヤがあるなら交換して →パンク修理キットしか入ってないので×
(2)自走できる空気が残っているならまずは近くのガソリンスタンドへ行く。釘は抜いてはいけない。
(3)空気が残ってないなら、パンク修理キットで空気を入れる。釘は抜いてはいけない。

空気はまだ残っていて短い距離なら走行できそうだったので、(2)を選択し近くのガソリンスタンドへ行きました。タイヤ修理はすぐにはできないとのことだったので、見てもらったところ、空気をたっぷり入れておけば、数十キロは問題なく走行できる状況とのことでした。

釘の刺さったところが、タイヤの厚い部分だったのが幸いしていたようです。空気を入れてもらい、ちょうどガソリンも入ってなかったので満タンにしてもらい、外出先から家のそばのマツダに向かいました。

開店直後に行って、修理を依頼しました。ちょうど、お客さん待ちでエンジニアが空いていたのですぐに対応してくれて、2500円で修理してもらえました。

抜いてもらって出てきたものはなんと木ネジでした。しかも、先が尖ってます。パンクした位置は、タイヤのど真ん中なので、クルマへの直接のいたずらの可能性は低いです。ただ、木ネジが尖っていたので、もしかするとばら撒いた悪意を持った人がいるのかもしれません。木ネジをとがらせるのって、やすりで削らないといけなくて結構面倒なんですけどね・・・。釘の方が楽なのですが。

マツダの人曰く、木ネジだと空気が抜けやすいのですぐわかるが、釘だと空気が抜けにくいので気づかず走ってしまって、だいぶ経ってから発覚するケースが多いそうです。しかも、抜けきって走行してホイールまでダメにしてしまうことも多いとのことでした。うちのデミオは、ホイールまではダメージが無かったのが幸いです。

どちらにしても、最初のガソリンスタンドのおっちゃんと、マツダの人には感謝です。ありがとうございます。次もマツダ買います。アクセラのSkyActiv-X+安全フル装備かな。
posted by yaasan at 11:24 | Comment(0) | 日記

2017年09月07日

昼間の仕事場から人が辞めていく

昼間の仕事場から、また一人、辞めていきました。地方に大人数が飛ばされたこともあって、今年に入って、3人目です。今回は将来の幹部候補であった中堅リーダークラスの人が辞めてしまったので、会社としての損失は、かなりデカいです。私もだいぶお世話になったので、突然の連絡で、かなりショックでした。

文句ばかり言っている私が辞めないのも、逆に変な話ですね。
posted by yaasan at 19:28 | Comment(0) | 日記

2017年09月06日

電気自動車の発展は難しいです・・・

今日、新型の日産リーフが発表になりました。バッテリー容量が30kWhから40kWhに強化されつつ、280kmから400kmに大幅に航続距離が伸びたとのことです。

バッテリーの増加分だけでは航続距離は伸びないので、たぶん、永久磁石の配置や構造を工夫してモータの高速域の特性を良くしたのとインバータの素子(IGBT)を第7世代などの効率が良いものに変えたんだと思います。

リーフはエコ、ゼロエミッションともてはやされていますが、実のところそんなことはありません。個人的に今思っているのは、今すべての自動車を電気自動車に切り替わると、確実に日本の電気システムは崩壊するということです。

実のところ、化石燃料のエネルギーを直接動力に変換する内燃機関は、効率が悪いとかいろいろ叩かれてますが、なんだかんだでものすごいエネルギー量なのです。これをすべて電気で賄うのはとても難しいです。

石炭発電所の最新の変換効率でも50%弱ですし(発電所付近の温水プールも含めた熱効率は考えない)、送電線の効率も90%、そこにバッテリーが入るとさらに80%とかに落ちてくるわけです。エイヤで計算しても合計で、36%になります。トヨタのガソリンエンジンの一番良いもので40%近くなので、意外といい勝負していると思いませんか?

電機屋として考えるのは、内燃機関の時代はまだま続く、続かないと社会は成り立たないという事です。送配電システムは残念ながら、それを支えるほど太くありません。太陽光とか増えていますが、そもそも発電量は化石燃料よりも不安定で桁も少なく、さらに需要家までの送電線のキャパが大きくない以上、どうにもなりません。

とりあえず、車のエコ運転をぜひとも心がけていただければと思います。古い車の人は、買い替えることでもかなりのエコになります。この10年のエンジンの進化はとんでもないレベルです。内燃機関のさらなる進化を、電機屋としても大いに期待しています。
posted by yaasan at 19:59 | Comment(2) | 日記

2017年08月28日

9/1以降の再開未定について

息子は順調に低リスクな状態で治療プログラムをこなしておりますが、一人で泊まらせるわけにもいかず、一族総出で看病体制を進行させていることから、以前のように多くの時間が割けない状況です。

9/1以降の機器の販売再開については、当面未定とさせてください。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

DSmainR5.1完成品については、引き続きTwayDCCさんから発送となります。

なおキット注文のみですが、1〜2か月発送が遅れても構わないという方であれば、注文ページで注文可能な商品以外でも、対応は可能です。注文ページは、すぐに発送対応できるものだけを掲載させていただいております。DSmainR5.1のキット品は、在庫切れ(基板ストックゼロ)ですが基板発注しても受け取りが難しいので、当面販売は停止予定です。

当面の間、DSmainR5.1以外の完成品ご希望の方は、キットご注文の上、MZI NET SHOPなどにご依頼ください(MZI NET SHOPさんと提携しているのでSHOP直送も可能です)。

posted by yaasan at 19:42 | Comment(0) | 日記