2018年04月08日

FlashAirのOEMカスタマイズサービス

FlashAirのOEMカスタマイズサービスが始まっているようです。模型用途では使うつもりは無いですが(ソフトハウスに頼めるようなお金は稼げてない。)

一応、電機屋を長くやってる人間から言わせてもらうと、この情報量では、初期段階の検討ができない。FlashAirの内部にはマイコン、ROM、RAMが入っていて、さらに無線の処理部もあって、かなり複雑です。

今は、コストと性能のバランスを徹底的に追求することを求められます。なので、FlashAirでどれくらいの機能を実現できるか、詳細に検討して実現性を確認してから、見積もりなどを行っていきます。

また、基本的には、FlashAirの内部のソフト開発ツール類は公開してもらわないといけないです。ここにしか頼めませんよ、では話が通りません。ぶっちゃけ、技術力のある懇意の外注ソフトハウスは電機メーカーも抱え込んでいるので、そこに依頼したいというのが心情です。

FlashAirを使って、とりあえず欲しいのはDBサーバーです。簡易的な機能で良いので、データを保存できるようにして欲しい。しかも同時アクセスを加味したものです。共有メモリも癖があって、保存してもいったん空読みしないとうまく反映されなかったりするので、ちょっと使いにくい。マイコンと受け渡すには良いんですが、接続したスマホ同士でデータを共有するにはやっぱりDBの方が使い勝手が良い。

あと、産業用イーサ(EtherCAT、Profinet、CC-Link)は今後、TSNベースに移行するので、ここを抑えておくのも重要です。

と言うことで、FlashAirは、カメラ向けのSDカードから、もっと進化できるポテンシャルはあるので、IoTを軸に進化していけば良いと思います。Luaも悪くないけど、やはりスピードが求められる部分はたくさんあるので、内部のマイコンで作り込んでおきたいです。

・・・模型用については、W-04でひとまず問題ないと思います。模型側がまだついてこれてないですし。
posted by yaasan at 08:27 | Comment(0) | 日記

2018年04月06日

デジタルとアナログ

Taka@さんが、重連時の進行方向を物理的に逆にするアクロバティックな操作を、エラーや不具合というように指摘するのは何でだろう?と、不思議に思っていたのですが、よく考えると、アナログ鉄道模型をベースに解釈していたからだと気づきました。

※Taka@さんの指摘は、エラーでは無いですが、重連機能として不足しているのは間違いの無い指摘です。コミュニケーションがちょっと足りなかった(もっと髪を伸ばすべきだった)ということです。

アナログとデジタルって、実際には何が違うのか、ちょっとおさらいしましょう。
以下の図は、アナログとデジタルを説明する際に、電気工学の大学1年生で習う教科書に出てくるものです。

analogdigital.png

アナログは、線が連続的に続いています。この線を切って細かく見ても、線はずっと繋がっています。
一方でデジタルは、線を切る間隔というのが決まっています。これを不連続と言います。難しい言葉で言うと、離散、とも言います。

デジタルにすると、アナログの情報量が減りますが、人間が必要なアナログの情報量というのは、ケースバイケースで、そんなに細かい情報は要らないことも多いです。またデジタル化すると、コピーや改変、保存が非常に簡単になります。現代のデジタル社会は、まさにこの部分をおいしく頂いていると言うことが言えます。

-------------------------------------

で、そのデジタル化して、情報を保存する部分で、今回の誤解が生じているのです。

従来のアナログパワーパックや、アナログ車両(ただのモーター)では、車両の状態というものを保持していません。線路の電圧の極性と、機関車が一致しているかしてないかは、人間が配線し、人間が機関車を置いて判断します。

一方で、デジタルのコマンドステーション側は、デコーダが厳密に進行方向の基準というものを保持しています。どっちが正方向、どっちが逆方向か、デコーダを車両に入れると必ず決まってしまうのはご存じと思います。コマンドステーション側もそのデコーダの設定されている進行方向を基準にして制御を行います。

今回のトラブルのように、進行方向を物理的に逆にしたとき、人間の頭の中では逆にしたつもりになっていますが、コマンドステーションやデコーダにセットされている進行方向は、そのまんま逆にはなりません。

よって、きちんと、機関車を逆にした場合には、物理的に逆にしたことをコマンドステーション側(進行方向の逆設定機能)か、デコーダ側(CVで設定)かに明示して教えてあげる必要があるわけです。

人間はアナログなので、全て繋がっているように見えますが、デジタル機械は、設定されたものが全て基準なので、その基準を逆にすると、人間の意図したものと、機械の意図されたものがちぐはぐになってしまいます。今回のトラブルの原因というか、誤解はそこにあります。

ということで、何が言いたいかというと、次のFlashAirアプリで、コマンドステーション側に進行方向の逆設定機能を追加します、ということでした。

analogdigital2.png
posted by yaasan at 08:24 | Comment(6) | 日記

2018年04月02日

新年度

昼間の会社で、社内の辞令がたくさん出されてました。

先月末で定年や退社された方も大勢居ますし、一方で、一緒に仕事をしたことのある身近な先輩方が、課長になったり部長になったり、続々と出世してました。確かに、ちゃんと仕事が出来て、部下へのコミュニケーションもしてくれる人達なので、上がるのは当然だなとは思いました。

posted by yaasan at 21:44 | Comment(0) | 日記

2018年03月22日

芸術祭に参加します

3/25 土曜日のみですが、池袋駅前の芸術劇場で開催される鉄道模型芸術祭(入場料500円)のNGPブース(アメリカンナロー)でスタッフをする予定です。

DSairを持ち込みますので、大きさなどを確認されたい方はご来場ください。また、会場ではDSmainDSblueboxも、見ることが出来ます。

なお、DesktopStationとしての出展ではございませんので、キットの販売は行っておりません。あらかじめご了承ください。

■お断り

当社は、個人向けの製造元直売専門です。業務として、OEM、ODM等の開発依頼は受けておりません。また、業者向けのサポートも行っておりませんので、ジオラマ業者様への機器販売、ジオラマ業者様への技術相談対応はお断りさせて頂いております。
posted by yaasan at 20:41 | Comment(0) | 日記

2018年03月12日

社会人ドクター

学生の時からそうでしたが、恩師の教授にはよく「ドクターを取れ」と言われてきておりました。家が近いので、今でもたまにプライベートで呼び出されて会うことも多いですが、ついこの間も、「ドクター取らないとダメだよ。」と言われました。

ここで言うドクターは医者ではなくて、博士の方です。自分は修士(博士前期課程)までは持っているので、あとは博士後期課程3年間を通って学会論文誌やIEEEトランザクションとかに投稿して行って、きちんとアウトプットを出す形になります。なお、論文を今までまともに出してないので、論文博士は無理なところです。

学生の時は、社会人になって経験積んだらドクターを取りたいなとか夢見てましたが、会社にけっこうな年数いると、なかなか論文なんか書けるようなネタがないどころか、自分の担当分野は知見やノウハウ部分が支配的なので、論文を書くことすら難しいです。無理矢理書いて、ごくたまに学会に出したりはしてますが。

ただ会社の仕事を抜きにして今学生として研究したら、技術も知識も格段に上がっているので、それなりのアウトプットが出せるかも、とも思います。ドクターを持っている同期や先輩で、会社を辞めて大学に先生として戻った人も多いです。周りにも、ドクターを持っている人がゴロゴロしてます。友達でも、社会人でドクターを取った人もいます。

持ってるか持ってないかで、特に給料も待遇も変わるわけではないですが、自分の今までの研究成果のチェックポイントにはなるのかなと思ってます。

実のところ、今後、義父の会社を引き継ぐにしても、きちんと学術的に自分の今までの研究や成果をまとめて、論文としてまとめる時期なのかなとも思っていたりしてます。ちなみに鉄道模型の研究じゃないですよ。

今後の自分のあり方をどうするか、ターニングポイントにもうすぐ入るので、いろいろと考えております。博士号は、たぶん取るのならば、今が一番のチャンスだなとは思います。
posted by yaasan at 08:33 | Comment(0) | 日記