2017年07月14日

Raspberry Pi Zero W

激安高性能マイコンボードでお馴染みのRaspberry Piですが、小型化され安くなって、さらに無線LANまで搭載されたRaspberry Pi Zero Wが技適を通過したとのことで、まもなく、1300円弱で入手できるようになるとのことです。

しかしながら、無線LANのつかないZeroは700円程度と非常に安価ですが未だに超品薄ですので、この無線LAN付きのZero Wも入手は当面は難しいと思います。

このボードはLinuxが動くので、結構リッチなサーバーやアプリを実装できるので、鉄道模型としては十分、楽しいことが出来ると思います。

FA業界でも、日本のみならず欧米でもRaspberry Piはかなり注目されています。大きな欠点があり、実験的にしか使われてません。それは、安定稼働させるのがかなり難しいことです。特に、フルLinuxで起動すると、OS自体も超リッチですし、アプリも多いので、CPUが熱をもっていい感じに長時間の安定稼働が難しいです。あと、ファイルシステムも細工しないと、microSDは頻繁な書き換えに耐え切れずぶっ壊れるという困ったことがあります。

ヒートシンクを付けたり、OSのファイルシステムを細工したり、SDカードを産業用のリッチなもの(SLCとかMLCなどの耐久性の高いものとか)にするなどなど、いろいろやらないといけません。あと、極めつけは安定的に入手ができるか、怪しいという事もあります。最近は、日本でも製造が開始されて、カスタムできるようなので、そのサービスが継続して行われるのであれば大きな価値が出てくると思います。しかしながら、チップ類は未来永劫、安定的に供給されるわけでもないですし、我々サイドがコントロールできそうもありません。

という事で、鉄道模型用途には、個人で一人で楽しむ分には問題ありませんが、メーカーとしてDSmainのような製品に装着して販売するには、ハードルが非常に高いなと思います。かなりの労力をかけないと安定保証が難しいです。その労力はあまり報われそうにもないというのが個人的な推察です。

もちろん、ラズベリーパイにつないで遊ぶことを制約するものではありません。
posted by yaasan at 19:25 | Comment(0) | ガジェッド

2017年06月17日

Surface Dialを買って遊んでみる

今日、6月17日はDCCfest2017開催日です。楽しくデジタル鉄道模型で遊んだりディスカッションをする日です。ドタバタ参加大歓迎!ぜひともお越しください。
JR武蔵野線 西浦和駅が最寄りですが、埼京線・武蔵野線の武蔵浦和駅からバス(田島団地行)で田島団地下車2分でも行けます。

武蔵浦和駅には、むさし坊というおいしいラーメン屋があるのでオススメです。鳥スープがすさまじくアッサリでうまい。さらにテーブルにある塩昆布を途中から入れると、ヤバすぎるくらいに旨いです。準備があるので行けないのが残念なところです。

地図: GoogleMapでのルート案内
DCCfest2017_map.png

今日、話のネタにSurface Dialを持ち込みます。発売したばかりのホヤホヤの入力デバイスです

SurfaceDial_DS2.jpg

くるくる回せるのと、押し込めるボタンになってます。言わば、マウスのボタン付きホイールを抜き出して形を変えたものです。

何に使おうかと思ったかというと、DesktopStationSoftwareのリモコンの代わりです。特に欧州系のコマンドステーションは、こういうデジタル式のホイール、というかダイヤルで速度調整をするのが一般的なので、同じことをやってみたかったのです。

Surfaceという名前の通り、マイクロソフトの機器で、マイクロソフト製のPCでないと動かない・・・なんてことはなく、Windows10 Anniversary Update以降ならサポートしてます。とりあえず、まだ対応するコードは書いてないのですが、素のままでどこまで遊べるか確認しました。

SurfaceDial_DS1.png

素のままだと、速度の変更しかできません。しかも、モード毎に動きが微妙に違います。

拡大モード: 直接速度指定に便利
スクロールモード: レバー操作時に便利

ソフト側で調整して、進行方向やファンクション操作ができるようにやっていきたいと思いますが、画面見ながら出ないと厳しくなるので、まずは速度(くるくる)と進行方向(押し込み)のサポートをメインにやっていきます。
posted by yaasan at 05:37 | Comment(0) | ガジェッド

2017年06月12日

Micsig TO1102(LCD壊れてる)を我慢して使う

Micsigのサポートの人に、一応、「もうだめぽ」と連絡したところ、「まだあきらめないで!!信じて!!今オフィスでみんなと相談してる!!明日、また連絡するから!!」と言っていますが、郵便局は飛行機に載せるのを拒否しているのにどうするのか・・・。Fedexだと送ってくれるようですが1万円越えです。

とりあえず、もう送り返すのは諦めたので、使い勝手を良くするためにいろいろいじってみました。

・邪魔だったコネクタのカバーは簡単に外れました。このカバー、防水用ではなく防塵用でしょうね。
・DC12Vで動きますが、5Aの結構大きいACアダプタで取り扱いが面倒でした。消費電力を見ると、AC100V側で見ている限り12W前後をフラフラで、12V/1Aが通常消費のようです。なので、模型でいつも使う12V/2A(24W)のACアダプタで問題ないということでアダプタを変えました。たぶん大きいのは、4ch版やバッテリ内蔵タイプの充電で必要なんでしょうね。
・筐体を立たせるための傾ける冶具がダサい、動きがよろしくない。というか、筐体の細かい部分が妙に作りが悪いです。角の青いところは実はカチカチに硬いので、パッと見、ショック吸収しそうですがそんなことはありません。
posted by yaasan at 19:26 | Comment(0) | ガジェッド

2017年05月31日

郵便物の厚みを測る定規を買った

明日6月1日から、定形外郵便の厚みが3cm以上だと、価格が一気に高くなるということで、郵便物の厚さを測る定規を買いました。

iFormosaの「強度2倍 1-3cm 厚さ測定定規 IF-SCL-17A」です。
post_ruler.jpg

家にあるノギスで測ったところ、1cmは10.1mm、2cmは20.2mm、3cmは30.2mmになってました。誤差は1%程度ですので、無理やり押し込んでギリギリの場合はオーバーしている可能性が高いので、レターパックプラスや、その他の手段を検討することをお勧めします。

1cm以下の場合で50g未満: 定形内で送れるかも!
3cm未満: 定形外でOK! 重さに応じて、レターパックライトも検討する。
3cm以上: 宅急便、レターパックプラスを検討するべし。
posted by yaasan at 19:26 | Comment(0) | ガジェッド

2017年05月26日

Surface Dialを予約

マイクロソフトのSurface Dialを予約しました。

ただのエンコーダとボタンのデバイスですが、これでDesktopStationSoftwareのジョイスティック代わりに使うための機能追加をしようと思います。Windows10のユーザー限定ですが。

普通に回すと速度切替、クリックするとファンクション操作、みたいな感じができないかなーと思います。回す・押すだけのシンプル操作でどこまでデジタル車両を制御できるかチャレンジしたいと思います。

海外勢のコマンドステーションは、全部デジタル式のダイヤルなので、意外と相性は良いと思います。
posted by yaasan at 17:47 | Comment(0) | ガジェッド