2017年06月18日

ZXBM5210向け、サージ吸収素子(双方向ツェナーダイオード)を使う方法

ZXBM5210を何とか有効利用するべく、へのへのもへじさん、Nuckyさんと研究を進めてます。

へのへのもへじさんから、ツェナーダイオードを逆直列に付けることで対策出来るというところまで確認して頂いたので、当方は超小型の部品を探して、該当品としてロームのRSB18VTE-17が使用できそうなことは、発見しました。

どのように使うかというと、モータから出てくる18Vを超えるサージ電圧をこの素子に逃がしてやるようにするため、モータと、ZXBM5210の出力の間に配置します。なるべく、モータドライバ寄りにすると、サージ電圧を消費させるための抵抗値を稼げますが、まあ、モータ寄りにしてもモータも十分な抵抗値を持っているのであんまり気にすることもありません。

RSV18V.png

ZXBM5210を壊している方で、RSB18VTE-17が故障を防止することを実証するための実験に協力いただける方は、ご連絡ください。無償にて、RSB18VTE-17とZXBM5210を支給いたします。

■サージ電圧とは何か??

電線をぐるぐるに巻いたものをコイルと呼びます。コイルに電流を流すとバネが圧縮されるような動きをします。で、電流が変化すると、それに応じてバネがびよーんと動きます。バネの動く大きさが電圧に相当して、コイルの電源に対して邪魔をする形で電圧が起きます。

■なんでZXBM5210は壊れやすい?

これが、ZXBM5210は通常使用は18Vまで、最大許容電圧が24Vで、どうも実際の製品の設計がまさに24Vを超えると壊れるかなり限界レベルになっているようなのです。普通の日本メーカーだと、実力を隠していて、かなりマージンを取るのですが、さずがはDIODES、マージンはデータシートの通りだぞ!ということなのでしょう。

BD6231F-E2は36V耐圧なので、12Vで使っているケースでは全く問題範囲にも入りません。壊れないのは、ここが一番の理由と推定しています。
posted by yaasan at 19:35 | Comment(5) | 鉄道模型

似顔絵

今日、若手社員からプレゼントをもらいました。私の似顔絵です。

Boss_Yaasan20170618lite.png
posted by yaasan at 18:34 | Comment(0) | 日記

回転型サーボ

回転型サーボをご紹介します。

秋月電子で、GWSサーボ S35 STD(900円)で販売されています。

普通のアナログサーボは、Dutyの時間で角度を指定しますが、回転型サーボではDutyを出した分だけ回転します。位置決めができないのが欠点で、だんだんズレていく可能性があります。

5V単電源でぐるぐる回す用途には良いかと思います。
posted by yaasan at 08:14 | Comment(1) | 工作

2017年06月17日

DCCfest2017 参加御礼

本日は、40名弱の方にDCCfest2017にお集まりいただき、誠にありがとうございました。運営が不慣れで、うまく進められず申し訳ありませんでしたが、少しでも情報や交流をしていただけたと思います。


DCCfest2017_0.jpg

DCCfest2017_1.jpg

DCCfest2017_2.jpg

DCCfest2017_3.jpg

今のところ次回の予定はございません。しかしながら、関連するところでは、2017年8月26日(土)〜27日(日)にホビーセンターカトーで、エルムDCC交流会さまが企画されているイベントがございます。当社も観客側で参加させていただこうと思っております。DCCに興味のある方は、ぜひとも参加してみてはいかがでしょうか。

170613-1.jpg
posted by yaasan at 23:28 | Comment(0) | 鉄道模型

Surface Dialを買って遊んでみる

今日、6月17日はDCCfest2017開催日です。楽しくデジタル鉄道模型で遊んだりディスカッションをする日です。ドタバタ参加大歓迎!ぜひともお越しください。
JR武蔵野線 西浦和駅が最寄りですが、埼京線・武蔵野線の武蔵浦和駅からバス(田島団地行)で田島団地下車2分でも行けます。

武蔵浦和駅には、むさし坊というおいしいラーメン屋があるのでオススメです。鳥スープがすさまじくアッサリでうまい。さらにテーブルにある塩昆布を途中から入れると、ヤバすぎるくらいに旨いです。準備があるので行けないのが残念なところです。

地図: GoogleMapでのルート案内
DCCfest2017_map.png

今日、話のネタにSurface Dialを持ち込みます。発売したばかりのホヤホヤの入力デバイスです

SurfaceDial_DS2.jpg

くるくる回せるのと、押し込めるボタンになってます。言わば、マウスのボタン付きホイールを抜き出して形を変えたものです。

何に使おうかと思ったかというと、DesktopStationSoftwareのリモコンの代わりです。特に欧州系のコマンドステーションは、こういうデジタル式のホイール、というかダイヤルで速度調整をするのが一般的なので、同じことをやってみたかったのです。

Surfaceという名前の通り、マイクロソフトの機器で、マイクロソフト製のPCでないと動かない・・・なんてことはなく、Windows10 Anniversary Update以降ならサポートしてます。とりあえず、まだ対応するコードは書いてないのですが、素のままでどこまで遊べるか確認しました。

SurfaceDial_DS1.png

素のままだと、速度の変更しかできません。しかも、モード毎に動きが微妙に違います。

拡大モード: 直接速度指定に便利
スクロールモード: レバー操作時に便利

ソフト側で調整して、進行方向やファンクション操作ができるようにやっていきたいと思いますが、画面見ながら出ないと厳しくなるので、まずは速度(くるくる)と進行方向(押し込み)のサポートをメインにやっていきます。
posted by yaasan at 05:37 | Comment(0) | ガジェッド