デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年09月09日

スマイルライター販売終了(9月末)

スマイルライターの販売を、9月末日をもって終了とさせていただきます。

もともとは、スマイルデコーダの亜種を含めて、当方が普及促進のために販売しておりましたが、もともとの規格提案元のスマイラーさんが、新しい書き込み治具の開発・販売準備を進めていますので、当方のスマイルライター販売の役目は終わったと考えております。

スマイルライターについては、スマイラーさんのところで継続販売できないか、移管の調整を行っております。
posted by yaasan at 09:25 | Comment(0) | 鉄道模型

2018年09月08日

ロクハン 電動複線両渡りポイントR078をDCC化する

ロクハン 電動複線両渡りポイントR078をDCC化してみました。

rokuhanR078_1.jpg

まず、テスタで抵抗値を測ったところ10.5Ωでした。方渡りの4番ポイントは12.5Ωでしたので、抵抗値が少し下がります。ということは、方渡りのポイントよりも電流がたくさん流れやすいので、Duty値設定(出力電圧のようなもの)を下げないと、ポイント本体やDCCポイントデコーダが過熱して故障しやすくなります。

またロクハンのポイントは総じて、抵抗値が小さいので、NやHO用のポイントデコーダをデフォルト設定で使うと、過熱するケースがほとんどだと思います。必ず、設定を確認して、Duty値を変更しましょう。

なお、説明書には、ポイントの切替には1秒以上の間隔を空けるように明記されています。

ロクハンのポイントはすべて、非選択式が選べるようになっています。本当にDCCのことを想定して作られています。他社のポイントとは異なり、改造不要で、ネジやバネで簡単にセットできますので、ユーザーフレンドリーです。

ここでは、DCC用に使用しますので非選択式にしていくため、付属のバネや基板を組み付けています。

rokuhanR078_2.jpg

rokuhanR078_3.jpg

rokuhanR078_4.jpg

デコーダは、DSturnoutを使用しました。今は完売で、売っておりませんが、昨年、大量にばらまきましたのでDesktopStationユーザーは既にお持ちの方も多いかと思います。
設定は、方渡りはCV48=200ですが、CV48=180にすることにしました。CV49=1で同じです。(※12Vのときの設定です。15Vで使う場合は、数値をもっと小さくしましょう)

rokuhanR078_6.jpg

販売終了予定のDSblueboxで、動作チェックしました。

rokuhanR078_5.jpg

動作している様子です。

posted by yaasan at 06:21 | Comment(0) | 鉄道模型

2018年09月04日

KATO ノイズキャンセラの波形を取ってみた

KATOのノイズキャンセラを使って、TOMIXのPWMパワーパックのノイズを取っていただきました。

参考: 2018/8/26 カトーのノイズキャンセラーを買ってみた

DSFilter2.jpg

なお、比較として当方でちょっと前に作成した、PWMノイズカットフィルタの結果も掲載します。

DSフィルターと、KATOのノイズキャンセラのサイズ比較

DSFilter1.jpg

フィルタ無し:
Tomix_Raw.png

KATO ノイズキャンセラ:
KATO_NoiseCancel.png

DesktopStation ノイズカットフィルタ:
DS_CutFilter.png

※上記は全て、負荷無しです。負荷があると、インピーダンスの関係でフィルタの出力波形もちょっと変わってきます。

-------------------------------

FFT解析すれば、どれだけノイズをキャンセルしたか分かりますが、まあ、見た目の波形でも明らかでしょう・・・。なお、何か間違ったのかと思って、何度も見直して、線を付け直して、間違えてないことを確認してます。

なお、念のため言うと、モータを付けたときに、KATOのノイズキャンセラは効果が出るはずなので、モータを付けて次回は測定したいと思います。

なお、DesktopStationのPWMノイズカットフィルタは、3A対応の強力なPWMノイズカット能力を保有しておりますが、頒布が面倒なので頒布しておりません。全国のPWMパワーパックでお困りのアナログユーザーの方は、指をくわえて、我慢をお願いいたします。
posted by yaasan at 20:52 | Comment(0) | 鉄道模型

2018年09月02日

カンタム強化月間実施中(9/4解決)

カンタムサウンド機で、DSairやDSmainなどで、正常に動く・動かないの情報提供が寄せられています。

★2018/9/4夜 ワンドで正しくリセット完了できたとのことで、DSairで正常動作を確認できました。皆様の多大なるご協力、ありがとうございました。

天賞堂の初期カンタム 鉄道模型フォーラム

当方は、今、カンタム機を1台手配中(EF64)なくらいで、手持ちが一切無く、情報が大幅に不足しております。もし情報をお持ちの方、カンタム機をお持ちの方は情報提供をお願いいたします。

※DSair、DSmain、DSblueboxなどDSシリーズ製品での動作報告を希望

■カンタムサウンド機一覧 (2018/9/4 AM6:20 Update)

・C62形蒸気機関車 ◎No.71012,71013,71016,71010動作OK, ×71009動作NG?
・D51形蒸気機関車 ◎No.71008,71022動作OK
・D61形蒸気機関車
・C61形蒸気機関車 ◎No.71009動作OK
・EF64形電気機関車 ◎No.72018動作OK?
・EF58形電気機関車 ◎No.72021,72002,72003,72006動作OK
・EF66形電気機関車 ◎No.72008,72011動作OK
・キハ52形気動車 0番代 ×NG?, ◎No.56705動作OK  
・キハ58系気動車
・DD51形ディーゼル機関車 ×No不明NG?, ◎No.72001,72006,73001,73006,73010,73003動作OK

情報提供: ねじろう様、瀬戸内色様、Taka@様、yymmフランキー様、Hirokun様、Salam様、Fuka-P様
-----------------------------------------

動かないモノを集めて、詳細な調査を進めて、原因を特定して参りたいと思います。なお、私も運転会で他の方のカンタムを借りて動かしたことはありますが、動かなかった経験がないものでして、情報が非常に不足している状況にあります。
posted by yaasan at 13:50 | Comment(10) | 鉄道模型

2018年09月01日

DSair 開発中 その2

DSair2の開発ですが、たくさんのご意見などを頂いて、取り込んだものは以下の通りです。

・GPIO、I2C(OLED)、UART端子を追加
・FlashAirカードのスロット位置を基板内側に数mm引き込んだ(出っ張りを小さく)
・ケースの印刷デザインを変更
・大容量コンデンサ設置ピンを追加(Gゲージ、重量物のHO、Oナローなど向け)

ケースの印刷デザイン:
DSair2b_1.png

基板データ:
DSair2b_2.png

DSair2b_3.png

■追記

いくつか、見直しをして、指摘事項も修正しました。

表:
DSair2b_4.png

裏:
DSair2b_5.png
posted by yaasan at 06:13 | Comment(4) | 鉄道模型