デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年05月21日

FlashAirが値上がり!!(4100円→5130円!)

ヨドバシカメラで、ふとFlashAir W-04 16GBの値段を見たら、なんか凄い値段が上がってます!!

FlashAir_Yodobashi0521.png

先日までは税込4100円(10%ポイント還元)でした。それが、今日は5130円です。△1030円の値上げです。

なぜ、こんなに価格が変動するのでしょうか・・・。皆さんの購入タイミングが難しくなるので、ちょっと困るところです。

とりあえず、DSair(上級者キット, FlashAir含まず)を購入する予定のある方は、4100円の時を狙って、購入をしてください。もしくは、推奨しませんが秋葉原で3200円くらいで売られている海外輸入版(自己責任版とも言う)を買うか、のどちらかです。

なお、ファームウェアのバージョンが、4.00.00のときだけ東芝メモリから出ているファームウェアアップデートツールでアップデートしてください。4.00.01以降の場合は、上記作業は不要です。ノーリスクで、ファイルコピーするだけです。下記のツールだと、バージョンチェック・ファイルコピーなど全部自動でやってくれます。

FlashAirにDSairアプリを自動コピーするツール(r0s):
DSairUpdater_r0s.zip
posted by yaasan at 20:50 | Comment(0) | 鉄道模型

ついったーの話題について

自分は、ツイッターはしないと決めているので、自分があえてトゲトゲで書いて撒きちらしたチラシの裏日記に大事な時間を割いてまでコメントして頂いたのにも関わらず、御礼を出せず申し訳ないです。SNS関連をやる暇が無いのと、会社の人にこのことがバレると、職務規程には触れていないけど即事業終了になるので、そのきっかけになりそうな事は、避けてます。

「そんなネガティブな言い回しだから普及しない」など、最高にうれしいコメントです。どんどん言ってもらった方が、盛り上がるのでぜひとも、もっと言って頂きたいです。極論ですが、アナログで十分楽しい、DCC普及活動なんて早くやめろ!とか、とても大歓迎です。

日本人は、白熱した議論をするのを避けたがる風潮があります。でも、DCCとアナログ論争については、もうネットが大炎上するくらいしっかりと論争して欲しいです。結論は絶対に出ないと思いますが、論争をして、否定・肯定・中間などなど、きちんと意見をみんな出していくのが大事です。それは、メーカーにお互いの意見を上げることにも繋がります。

ただ、絶対にやって欲しくないことがあります。DCCやアナログの議論のドサクサで、物を盗んだり、だましたり、お金を払わないといった行為は絶対にやめてください。完全にネガティブ以外の何物でも無いです。悪い人は、だまそうとしてさりげなくやって来ますので、皆さんも、十分にご注意ください。

ぶっちゃけ言いますと、鉄道模型メーカーの方々とは、以前にいろいろ話をしました。「ユーザーが欲しいという物を作っている。ニーズが無いと作れない。」というのが意見です。当然、ビジネスとして利益を出していかないといけないですから、慎重に見ていると思います。ただ、慎重に動くことが、経営にプラスとなるわけではなく大きな失敗(好景気の時に商品を出せない、全ての意見を聞いて使いにくい物になって売れない等)に繋がることもあるので、難しいところですが。

なので、上記のような、議論・ディスカッションは、ユーザー・メーカーにとって非常に重要です。アナログが今後も続く可能性が高いですが、アナログ派の方々には、アナログをもっと強化してもらえるチャンスという点にもなるんじゃないでしょうか。

私がアナログNO!、デジタルYES!と極端に言ってますが、真ん中なグレーの意見を言っても議論として成り立たないので、DesktopStationとしての立場を明確にする上で、これを突き通していきます。デジタルをやめるときは、鉄道模型をやめるときです。

なお、今のアナログのみのユーザーシェアは、個人的な直感でデータは無いですが、全体の90%以上だと思います。で、その多くがNゲージユーザー。

メルクリン、HOや、ナロー、G、O、12mm, 13mmなどなど、その他のゲージになると、一気に話は変わって、デジタルを持っているシェアは半分以上に既になってるんじゃないでしょうか。うちのユーザーで、Nゲージだけって人は半分もいません。Nゲージ以外の何らかしらのスケール・ゲージも遊んでいる人は、デジタルも所有している割合が多い、という傾向があります。

実は、Nゲージのみのアナログユーザーを、ステップアップとして他のゲージ・スケールにも参加してもらうだけでも、話は変わってくると思ってます。

参考文献:
鉄道模型の楽しさを伝えると言う事 Nameless City
posted by yaasan at 06:15 | Comment(1) | 鉄道模型

2018年05月20日

デジタルへの移行の過渡期にする

テレビは、約7年くらい前に、アナログ放送が廃止され、デジタル放送のみになりました。「おれはデジタルがイヤだ!」「デジタルは高いから売れない」「デジタルは難しい」とかと言う人は、模型界隈ではよく聞きますが、こと、テレビ放送についてはほとんど聞いたことはありません。普通にdボタンを押して、クイズを楽しんだり天気予報を見たり、電車の遅延状況をみたりと、デジタル放送を活用していると思います。

あの頃を思い出すと、デジタルテレビ買いたくない、という人はそれなりにいたと思います。また、そのために、デジタル放送をビデオ出力にするチューナーだけでなく、放送のアナログ信号に変換してしまうソリューションも、あったと思います。今でこそ、時間もだいぶ経ったので古いテレビは置き換えされているケースが多いのでかなりアナログテレビ向け変換ソリューションはほとんど役目を終えたと思います。

一方で模型については、アナログが未だに主流と言うことで、アナログ派の方々に、デジタルに移行するクッション的な商品が必要なのだと思った次第です。このままいくと、オリンピック過ぎても、日本は前のオリンピックの時(1964年)の、当時と何も変わらないアナログ全盛になりそうという当社としてはワーストなシナリオがあります。

----------------------------

Goo 昭和39年の新聞広告・56年後に再び東京オリンピックなんてあり得ない!?
→私は1964年には存在していないのでよく分かりませんが、冷蔵庫の普及率が当時でも40%って驚きです。そういえば、親がテレビのある家に見に行っていたと言っていたような。

鉄道模型はと言うと、KATOの50周年記念誌を読むと1965年にNゲージ(9mmレール)を発売、とあるので、オリンピックの前後で、大胆な方針転換・経営戦略に打って出た、ということなのだと思います。

Nゲージ黎明期の広告から

----------------------------

話をデジアナ変換器に戻して、普通にデコーダを使えば、デジタル→アナログ変換は簡単にいつでもできるのですが、箱が無いのでどうにも使いにくいと思います。また、1入力1出力で、ちょっと使いにくいです。

今度の某所のDCC連合夏会合で協議しますが、デジアナ変換器が必要と結論が出れば、作ろうと思ってます。ATMEGA328Pを使うとすれば、線路2線PWM、ポイント4個分の出力を持った箱で、アドレスはDIPスイッチやロータリースイッチでアナログ的に切り替えるようなものになると思います。もうすぐ絶滅予定のDSturnoutデコーダを大きくしたイメージです。

もし会合の結果、実行に移した場合、サウンドについては、出す仕組みにするといろいろ大変なので、音無しになります。音が欲しい人は、MP3サウンドデコーダを買ってください。EL,DL,SLを買えば、一通りの車両はそれなりにサウンド付で動かせると思います。

たとえば、先日書いたMP3サウンドデコーダV5で、今度はHOナローな猫屋線の機関車(今日作った)を動かしてみました。軽いのと、線路の磨きが悪い、線路の取り付けが甘いで、ちょっと安定性が悪いです。

SoundHako2_1.jpg

SoundHako2_2.jpg

ビデオ:


-----------------------------

デジタルシステムを導入してもらえれば、自ずとDCCの準備は完了するので、そのままDCC車両を買うか、自分で取り付けるかすればデジタルへの移行完了、となります。

コントローラだけデジタルにしても、アナログ車両は十分に遊びやすくなります。アナログのコントローラは、動作チェック用などの予備機にして、通常はデジタルシステムを使う形にして頂きたいですね。

DSairを売るには、どうしても、このデジアナソリューションは不可欠になるのかなと思います。

本当はデジタル化が目的では無く、その先のアイデア(模型の自律運転)を具現化したいのですが、デジタル化が進まないと、そのスタートラインにも立てない・・・のです。

ds_goal.png
posted by yaasan at 21:31 | Comment(0) | 鉄道模型

Xbox Adaptive Controller

マイクロソフトが、新入力デバイス「Xbox Adaptive Controller」を発表しています。

障害者のゲームユーザー向けの様々な機器を接続できるようにいろいろな入力機構が付いており、これは、一般のユーザーでも様々な遊び方、使い方ができる革命的な入力デバイスになるのではないかなと思いました。

ユニバーサルデザイン・アクセシビリティというのが、国際的にも重要となっており、機器だけで無く、建物や都市計画などいろいろな部分で採用されています。

マイクロソフトは、ただのWindowsとOfficeのソフト会社では無く、マウスやキーボード、Surface Dialなど、入力デバイスとしても超有名なメーカーです。ゲーム機も作っているからこそ、いろいろな視点を持っているのだと思います。

Xbox Adaptive Controller、普通に購入できる物なのか、スマートフォンやタブレットでも同様に使用できるかが気になりますが、登場が楽しみです。ゲームはしないのでXBoxは買いませんが、Windows10からでも制御できると思いますので、その辺、入手したら実験してみようと思います。
posted by yaasan at 17:14 | Comment(0) | ガジェッド

スマイルライターR3の基板を作ってみた

スマイルライターR3の基板を設計しました。

SmileWriterR3_AW.png

スマイルライター2にしようと思いましたが、幻版があるので、R3になりました。

書き込み状態の表示は、Arduino UNOのLEDを上から見えるようにしました。価格は、1800円→2000円ということにしたいと思います。結構、TEのカードエッジコネクタ、結構高いんです。スマイルライターは普及を想定して、利益をほぼナシで売ってましたが、開発費がジャンジャン掛かっている状況で、そんなに余裕はもう無いので、きちんと持続可能な利益を頂く形にさせて頂きたいと思います。

スマイルライターR3は、これから普及が見込まれるスリム版、旧版を両方対応できますし、1回目の書き込みで必ず発生する変なエラーも発生しません。使い勝手はかなり良くなります。

■追記

LEDを3つ足してと言うことなので足してみた。価格も200円足してみた。(部品+若手社員の部品梱包バイト代。)

SmileWriterShield_r3_aw_e3.png
posted by yaasan at 10:43 | Comment(3) | 鉄道模型