2017年08月05日

鉄道模型コンテストに行ってきた

今日は、鉄道模型コンテストに連合メンバー(一部)と行ってきました。11時半頃につきましたが、100人くらい並んでました。結構人気なんですね。

いろいろと見ましたが、私は限定の車両とかは一切興味ないので、電子機器てきなものばかり見てました。
私が見た限り、DCCは高校生向けクリニックの「DCCデコーダ搭載」くらいだったと思います。

■DDF

ソニーのアクションカムを載せて走るT車と、Bluetoothでアナログ車両を制御するパワーパックを展示してました。システムゼウス製。

■KATO

こちらも、Bluetoothでアナログ車両を制御するパワーパックを展示してました。サウンドボックスと一緒に動かすと思いきや、単体動作するそうです。電流は2Amaxで、NやプラHOには十分ですね。複数台制御を予定しているそうです。

-----------------

コンテスト行った後は、秋葉原に移動して、タムタムでやっていたTNOSシステムの見学をしました。

センサー検出は、専用レールを踏んだ条件のみで、電流検出とかは一切やっていないんですね。
あと、デコーダ相当の小型のボックスをNDBOXに差し込んで動かす感じですね。一つのボックスの定格電流は1.2Aとのこと。

信号機は、まだ企画段階で、どう実現するか考えるとのこと。早く作ってくれると、パクッて使いますのでよろしくお願いします。現状は、インチキ信号を使って対応して欲しいとのことでした。

とりあえず、難しいことは抜きにして自動運転をやりたい!という方には、良いシステムなんじゃないでしょうか。なんでもできるものが欲しいという方は、途中で飽きてしまうと思いますが、その時は、DCCへどうぞ。

見ていて、S88センサーの入力信号をラッチする機能が必要じゃない?という話になりました。どのように実装するか(ラッチを汎用的な別機能にするか、現状のS88センサの処理に融合するか悩み中)、考えますが近いうちに追加しようと思います。

ラッチというのは、自己保持機能のことで、一回信号が入ったら、何か条件が成立するまで信号の入力が元に戻っても、その状態を保持するというものです。たぶん、みなさんはフラグ機能かなんかで処理を実装していると思います。ラッチ機能が入ると、以下のようなメリットがあります。

・閉塞区間の在線状態の制御をイベントスクリプトなしに実現できます。隣の区間に入ったら自動解除、なんていうことができます。
・フィルタ機能としても機能する。チャタリングを防げる。
・その他いろいろ

TNOSのおかげで思いついたので、TOMIXさまありがとうございます。
posted by yaasan at 18:13 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年08月04日

鉄道模型モジュールLAYOUT AWARD2018 応募受付開始

鉄道模型モジュールLAYOUT AWARD2018の作品募集が開始されています。

LayoutAward2018.png

今年は、早めの8/1から開始され、締め切りは2018年1月31日です。実は、今回、当社も協賛させていただいております!!

もし、Nゲージのレイアウトモジュールに興味があり、チャレンジしたいという方はぜひとも参加ください。気軽に自分のレイアウトを作って参加できるイベントです。

昨年度の開催状況はこちらをご覧ください。

ポスターを張っていただけるお店や場所を貸してくれる方がいましたらお知らせください。お送りいたします。
posted by yaasan at 18:40 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年08月03日

Yaasan鐡道に草が生えた

Yaasan鐡道に、草が生えました。

YaasanRailway1.jpg

YaasanRailway2.jpg

YaasanRailway3.jpg

前はぺんぺん草も生えない不毛な土地だったので明るくなりました。
あまりにもレベルは低いと分かってますが、ベニヤ板だけだったより、なんか個人的にはパワーアップした気分で勝手に満足しております。

本鐡道も旅客収入をあげるべく、がんばっていきたいと思います。
posted by yaasan at 08:42 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年08月02日

DSbluebox 販売再開

DSblueboxのケースが予定通り到着しましたので、販売を再開いたします。

ご不便をおかけしておりました。その他の商品も絶賛販売中です。

-------------------------

以前に紹介した、シリコーンカバーをいろいろ買ってみました。あぼ電機で一個、313円でした。社内では、赤色が好評でした。赤色は絶対に採用してはダメなんですが・・・。

DScolorfulbox.jpg
posted by yaasan at 19:05 | Comment(2) | 鉄道模型

2017年07月30日

RokuhanさんのDCCコントローラ

Zゲージでお馴染みの、ロクハンさんがDCCにも対応したコントローラを発売されるようです。

デコーダもリリースされるとのことなので、要注目ですね。DSbueboxで動作確認しないといけないので、販売開始したら入手しようと思います。

日本の鉄道模型メーカーとしてはKATOさんに続いて2社目で、さらにロクハンさんは自社開発のようなので、いろいろとご苦労されたと思います。

ただ、よくわからない部分があります。

■市販のオーディオレシーバー(別売)を接続することで、Bluetoothによる無線操作が可能!。

Bluetooth無線で操作するのに、オーディオレシーバーを接続するとはどういう意味なのか?なんでそんなことが必要なのか?何に使うのか、まったくよくわかりません。単なる、スマホ内でサウンドを生成して送るという形なような気もしますが、そういう記述ではありません。

■後部のネジ端子台4つは何に使う?

センサレール用?DCのポイント制御用?

■PROG

プログラミングレール用に専用コネクタがあると推察されます。欧米メーカーは、みんなプログラミングレールを専用に端子を設けるので、それに従ったのでしょう。

私は、CVプログラミングの専用端子が嫌いなので(CV設定でコネクタ変えるの面倒なので)、分けることはしません。コストも上がりますし、悪いことしかないです。まあ、CV書きたい人はDSbluebox使ってくださいね。

■電流

どれくらい電流を流せるか、書いてないです。
スライドスイッチがどういう回路の引き回しをしているか分かりませんが、もし入力の電源を直接ON/OFFするようなチョンボをしていると1A以下になるかもしれません(まあ、常識的にやるはずないですが、ジャックに近いので気になりました)。
スライドスイッチは専用品じゃないと電流をそれなりに流せないので、要注意です。

DCCのパルス生成回路は、(1)モータドライバを使う安上がりな手法、(2)P/NチャネルMOS-FETを使った簡略化したインバータ回路、(3)Nch MOS-FETを使ったコストは高いが大電流に対応できるインバータ回路の3種類があります。私は、DSmainでは(3)、ほかは全て(1)を採用しています。デジトラックスやRocoのエントリー機種を分解すると、(2)が多いですね。

■LEDパターン太すぎ

LEDに1A以上流すのか!?というくらい、太いです。LEDが何故かDIPなので(表面実装の方が安くていいのに・・・)、もしかしたらLEDのスルーホールを使って、裏から表に引き回しているだけかもしれませんが・・・。

あと、REDと書いてますが、赤い色なんでしょうね。まさかLEDとRED・・・間違えてないですよね。




posted by yaasan at 08:22 | Comment(4) | 鉄道模型