デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2020年11月13日

DCCコマンドステーション FireBox

Wasatch Scale ModelsがkickstarterでクラウドファンディングしていたコマンドステーションのFireboxですが、いつリリースされるのか注目していたのですが、10/10のアップデートで、支援者のみに通知を出しているようです。

Firebox_theend.png

”The end of the road”は、直訳すると、「道の終わり」なので「ゴールに到達したってことか。まもなくリリースか」とつい思ってしまいますが、英英辞典で引くと、英語としての本来の意味が出てきます。

「the point at which it is no longer possible to continue with a process or activity」
プロセスや活動を続けることができないということを指す

つまりすごくネガティブな何かを書いているという事なのであります。私は支援者ではないので何が書いてあるかは知りませんが、タイトルを見るだけでも、そういうことなのかなと思ってます。

私もDCCコマンドステーションを開発してきて、その大変さを身に染みてわかっておりますので、このプロジェクトは続けることが難しいだろうなと最初からずっと思っておりました。

今回、このクラウドファンディングで$10,534(約110万円)を元手に開発するという事になっていましたが、目標の機能を実現するためには非常に少なすぎるというのが個人的に思うところです。外注費を基板製造に抑えて、回路やソフトを自分で設計するとしても、何かミスがでるだけで、すぐに資金ショートすることとなると思います。

低予算の場合には、スモールスタートとして、ファームウェアで徐々に時間をかけて機能を追加するという手法をしないと、非常に難しいと思いますし、その場合にはクラウドファンディングを使うことは避ける方が良いと思います。というのも、クラウドファンディングをするとなると、それなりの目標を立てないと、お金を集めることができません。そして、その高い目標を支援者の望む期間内で開発を行って完成させるだけでも非常に大変です。開発完了後には、さらにハードルがあり、一度に大量の製品を製造し、発送することが待っています。短期間で製造し、発送するには人手もお金もかかります。
お金を掛けないようにするには、時間をかけて開発し、少しずつ発送する手法を取るしかなく、それはクラウドファンディングではなく、頒布の形がベターです。

私も、何十回とクラウドファンディングやればと言われましたが、上記の問題が分かっていたので、避けていたのが実際のところです。リスクを避けるには、小さくして始める(スモールスタート)が重要なのです。ハードウェアのクラウドファンディングは、どう考えてもスモールスタートは難しいでしょう。

ウチと同時期に出てきた国内外のいくつかのDCCメーカーは、本格的な始動に至らずに休止・廃業となっています。実のところ、ウチも埋め合わせて形を繕っているだけであり、いつThe end of the roadが来ても、まったく不思議ではありません。

オープンサウンドデータのおかげで、この1〜2年は生き延びられました。しかし、オープンサウンドデータが、ごく当たり前のものとなってしまった状況の中で、2021年以降、成長をしていくにはどうすればいいのか?今のところ、No Ideaであります。
posted by yaasan at 19:19 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年11月11日

年末までの再生産について

大幅に遅延しておりますが、以下の製品の再生産を実施中です。年末までに間に合うか怪しいですが、製造をElecrowで進めてもらっています。

・ポイントサーボデコーダ DSservo
ExpBoard Next18 for General HO
DSwatch
Next18化基板(Ayano OEM) (Next18コネクタ オスを実装済み)

また、以下の製品の再生産、リリースを考え中です。

ExpBoard YP SHORT
・エンドウ HO E353 DCCサウンド化キット(サウンドデータ書き込み済のLokSound5 MTC21付き)
posted by yaasan at 08:41 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年11月10日

オープンサウンドデータ 長野電鉄 2000系

オープンサウンドデータ 長野電鉄 2000系を公開しました。クリエイターのMB様には御礼を申し上げます。

MB3032-A形走行音となっており、同型モーター使用の小田急2200系、秩父鉄道300系、伊予鉄道700系(京王5000系改造車)にも好適です。

nagano2000_1.jpg

■ファンクション一覧

F1:ドライブサウンドON
F2:警笛
F3:AUX1 室内灯
F4: -
F5:非常ブレーキ
F6:力行保ち/抑速
F7:音量調整
F8:レール継ぎ目音
F9: -
F10: フランジ音(走行中)
F11:手笛/ベル省略
F12:ドア開閉 手笛
F13:ドア開閉 発車ベル
F14: -
F15:CP強制起動
F16:電制切
F17:ブレーキ試験
F18:フラット
F19:元ダメ減耗タイマー
F20:-
F21:車内放送1
F22:車内放送2
F23:車内放送3
F24:-

■製作者・著作

MB3110A様, うえだねじろう様, KC田之上様, Yaasan
posted by yaasan at 08:28 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年11月09日

エンドウ E353の走行動画

先週あたりに作ったエンドウE353 HOの付属編成を、走らせた様子を動画でまとめました。



車側灯以外の部品やデコーダなど一式をセットにしたものを出そうと思っていましたが、高級なブラス製ということもあり、そんなに大量に販売されている鉄道模型でもなく、需要がよくわからないので、どうしようか悩み中です。
posted by yaasan at 08:19 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年11月07日

奥多摩へトロッコを見に行ってきた

早朝に車で出発し、奥多摩にトロッコ見に行ってきました。

奥多摩に行く際には、たいてい寄っている、へそまんじゅう。

okutamatro_1.jpg

若手社員は、まだ入院中ですが、今日は家に外泊で戻ってきてます。元気な皆さんがコロナになるのとはワケが違うのですが、気分転換と程よく運動をしないと良くないので、食事はすべて外のみ、混んだところには行かない、移動はすべて車 or 徒歩と徹底したうえでドライブです。

okutamatro_2.jpg

まずは、ダムと湖の散策。

okutamatro_3.jpg

紅葉は進んでましたが、まだ早かったかな?5kmほど湖の周りをウォーキング。混雑はなく、結構空いてました。バスには人がたくさん乗ってるのが見えましたが、皆さんの目的地はバラバラのようで。

okutamatro_4.jpg

奥多摩駅周辺に移動。町役場の駐車場は、Timesのコインパーキングにもなっているので利用させてもらいました。コインパーキングからは、目の前に奥多摩工業 氷川工場が見えます。ちなみに奥多摩駅は、昔は氷川駅という名前だったそうで・・・。

okutamatro_17.jpg

奥多摩駅を起点に、トロッコを探しにウォーキングを始めます。

okutamatro_5.jpg

青梅線(東京アドベンチャーライン??)の線路を横断し・・・。

okutamatro_6.jpg

小学校横をテクテク歩いていきます。

okutamatro_7.jpg

なんか、以前にドイツのエッセンの炭鉱(世界遺産)に行った時を思い出してしまいました。
土曜日だったので英語ツアーの時間が合わず、ドイツ語ツアーに無理やり申し込んで、上司と2人で炭鉱内部を探検できるツアーを説明はよくわからないけど楽しんだのが懐かしい。

okutamatro_8.jpg

工場の中(都道)は、撮影はしませんでした。まあ、バーナーの音や破砕機の音がよく聞こえました。

okutamatro_9.jpg

工場の中(都道)を突き抜けると突然、山道に。

okutamatro_10.jpg

どんどん細くなり、完全にハイキング状態になりました。

okutamatro_11.jpg

4〜5分歩くと、突然、お目当てのものが現れました!今日は土曜日だったので、採掘現場はお休みだったようで、トロッコも稼働していませんでした。

okutamatro_12.jpg

okutamatro_13.jpg

okutamatro_14.jpg

トロッコに気を取られていましたが、歩いた山道の途中にモノレールがあったのに気づきました。トロッコもあり、モノレールもあり、奥多摩は凄いところであります。

okutamatro_15.jpg

トロッコを堪能したところで、奥多摩駅に戻って、アイスを食べたりのんびりしました。車に乗る前に、駅前の公衆トイレに入ったところ、すさまじく綺麗だったので、なんだこりゃと思ったのですが、そのあとに来た車を見て納得しました。

okutamatro_16.jpg

今回は奥多摩周辺のみの散策でミッションを終えました。帰りは、いつも寄る千島わさび園で、わさびのりと、根わさびを買って帰途につきました。
posted by yaasan at 19:08 | Comment(0) | 鉄道模型