2017年10月05日

Casioの2.5Dプリンタが凄すぎる

今日は、幕張メッセで開催中のCEATEC2017に行ってきました。

個人的に一番すごかったのは、カシオの2.5Dプリンタです。これ、かなり質感のレベルが高く、ぱっと見本物に見えます。触っても確かにごつごつしています。

Mofre0.jpg

ジオラマづくりにかなり活用できると思います。たとえば道路とか、岩場とか砂利道の表現をかなりリアルに印刷でできてしまいます。

Mofre2.jpg

この革を編んでいる紐も、全部プリンタが印刷したものですよ!!

Mofre1.jpg

プリンタ自体は500万円らしいので、個人や中小の会社が導入は難しいですが、メイカー関係のサービスで登場すると思うので、そこで対応すればいいと思います。
posted by yaasan at 19:23 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年10月04日

DSmainR5.1C2をリリース

DSmainR5.1C2の動作確認が終わりましたので、販売を再開いたします。

価格は同じで、キット19800円、完成品24800円です。

Soldered_DSmainR51C2_lite.jpg

Soldered_DSmainR51C2_b.jpg

変更点は、以前にご連絡した通りです。

DSmainR5.1C2の付属説明書(PDF)

DSmainを業務用にお使いになる場合には、TwayDCCさんが代理店となります。また、この価格は個人向けに設定されているため、業務向けサポート費は別途、個別見積もりとなります。詳細は、TwayDCCにお問い合わせください。

※DSmainはDCC普及を優先して、通常のメーカーでは考えられない価格で販売しています。個人ではなくビジネスで使用される業務向けには、サポート費用が価格には一切含まれませんので、別途お見積りをして対応させていただく形となります。
posted by yaasan at 19:05 | Comment(0) | 鉄道模型

詐欺などにご注意ください

世の中には、悪い人はたくさんいらっしゃいます。残念ながら、良い人そうに見えて、お金をだまし取るとか、先に納品を要求して、お金を払わないという方がいらっしゃいます。

9月上旬頃にデュッセルドッグというネット通販のお店が突然閉鎖され、返金してもらえない方々がたくさんいらっしゃるとのことでした。心中、お察しします。どうも、限定品・レアな商品を並べて、お客さんを引っかけるような細工をしていた形跡もあるようですね。

海外型の通販代行は、私は当初から個人的にはものすごく懐疑的で、お店で直接販売しているところ以外は経営が難しくなるのではないかなと思ってもいたりします。なにせ、ユーロ高とはいえドイツから買った方が安くていろいろな種類が豊富に買えますので。サービスもちゃんと整っていますし、19%の付加価値税もゼロで、いう事ありません(輸入消費税は別途かかりますが、+数千円です)。

また限定品を買うには、何か月も前から予約する以外には手段は無いので、先手で動くことをお勧めします。

鉄道模型業界に限らず、この成熟社会真っ只中の日本のマーケットでは、他の会社と同じことやフォローばっかりやっているような会社はあっという間に勝ち負けが決まる傾向にあります。この影響で、お金に困っているところがいくつか出てきています。お金に困って、お金を持ち逃げとか、不払いとかこういう犯罪は増えていく方向にあると思います。皆様も、十分にご注意ください。

今まで通りの事をやってるだけの人は、どんどん衰退する一方だと思います。逆に新しいことをするために、他人をだましたり踏み台にして儲けようとする人もいらっしゃるようですが・・・。

私も模型業界に足を踏み入れて4年くらいになりますが、志が高く、頑張ってる会社や人もたくさんいらっしゃいますが、一方で、他人をコキ使ったり、ピンはねするような会社や人も目の当たりにしてきました。

こんな犯罪ばかりで困った状況を打開するには、とにかく、若い人がどんどん入ってくるような新しい試みをどんどん取り入れるべきです。今の模型業界は、従来の延長線上ばかりで、そこが全く無いと感じてます。私が小学生の時に鉄道模型をやめたのもそれが一因です。

電子工作市場なんて、メイカーなどがいる影響で、若い人が多いので、この部分との連携ができると思って、私は、ITやデジタルのスペシャリティで試んでいるところですが、ほかの人には、また違う試みがあるんじゃないかなと思います。
posted by yaasan at 08:18 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年10月03日

人が減っていく

昼間の仕事で、社外のとある委員会の委員をやってます。

この数か月で、あの超有名電機メーカー所属の方々がどんどん委員を辞められてます。この委員会はイキのいい若手が選ばれてくる委員会です。ちょっとどうなっているの、っというくらいに委員会もメチャクチャな状況です。

もう、この委員会に何人もいたあの超有名電機メーカーのメンバーはゼロになってしまいました。

端から見ていたら、うちの会社の方が危ないのにどうしてだろう、と首を傾げたくなります。最高益とか言いながら、すさまじいコストカットで、さすがにどこかの緑の会社のように水とトイレットペーパーまでは削減されませんが、人件費と開発費は減る一方なので、非常に心配してます。

他の会社の心配をしておいてなんですが、よく考えればうちもどんどん中堅・若手が辞めてます・・・。もう、9〜10月だけで身近な2人が辞めました。この半期で、一緒に仕事をしてきた仲間4人が辞めました。・・・もっと増えるでしょうね。
posted by yaasan at 20:02 | Comment(0) | 鉄道模型

オーストラリア・リバプールでの鉄道模型イベントレポート(元八さんより)

DCC連合メンバーの元八さんから、オーストラリアで先日の土日に開催されたリバプールでの鉄道模型イベントの写真や情報を提供していただいたので、転載いたします。

---------------------------------

Sydney Model Railway Exhibition
・9/30-10/2 (3日間)
・オーストラリア・シドニー近郊リバプール

会場の様子:
1001_Exhibition2.jpg

1001_Exhibition1.jpg

レイアウト:
1001_Layout1.jpg

1001_Layout2.jpg

1001_Layout3.jpg

NCE.jpg

・DCCの普及率は40%くらい、その他はメルクリンデジタル、アナログが占めるとのこと。
・DCCではアメリカNCEとオーストリアRocoの2台巨頭のシェアが大きい
・ジオラマづくりと走りが主体、日本のように車両キットや造形はそれほど大きくない
・来場者の平均年齢層は60以上のように見えた
・DCCを使っていても、レイアウトの配線は凄まじかった
・日本が完全に浦島太郎に見えるほど、デジタル化・コンピュータ制御が進んでいたそうです。

-----------------------------

元八さん、オーストラリア出張でお忙しいところ、情報提供ありがとうございました。
posted by yaasan at 07:10 | Comment(0) | 鉄道模型